ここから本文です

イチからわかる「ダボス会議」なぜ注目されるの? 安倍首相も出席

2014/1/22(水) 9:00配信

THE PAGE

 安倍首相は1月22日からスイスで開かれるダボス会議に出席しスピーチを行います。ダボス会議は世界を代表する政治家や実業家、学者などが一堂に会することから、その内容が毎年大きな注目を集めています。ダボス会議とはどのようなもので、なぜこれほどまでの注目を集めているのでしょうか?

所得格差の拡大は悪いこと? ダボス会議で議論

 ダボス会議を主催しているのは世界経済フォーラムという団体で、これは1971年にスイスの経済学者シュワブ氏によって設立されたものです。同フォーラムの年次総会が毎年スイスのダボスで開催されることから、いつからかダボス会議と呼ばれるようになりました。スタートした当初は欧州の経営者が集まるシンポジウムという雰囲気でしたが、年々その影響力が拡大し、国際的に著名な政治家も招待されるようになってきました。

政治とビジネスの架け橋に

 1990年代に入ると、南アフリカのマンデラ元大統領やパレスチナ解放機構(PLO)のアラファト議長なども出席し、国際政治に大きな役割を果たすようになりました。また、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長など世界的経営者も招待され、政治とビジネスの架け橋的な役割を果たしています。

 今年の会合には世界40カ国の首脳と2000人以上の経営者が出席する予定です。日本からは安倍首相がトップとして3年ぶりにスピーチを行うほか、黒田日銀総裁、武田製薬工業の長谷川社長(産業競争力会議の民間議員)などが参加します。

 諸外国からは、英国のキャメロン首相、イランのロウハニ大統領、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長、IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事、欧州中央銀行のドラギ総裁などが参加する予定です。またヤフーCEO(最高経営責任者)のマリッサ・メイヤー氏、フェイズブックCOO(最高執行責任者)のシェリル・サンドバーグ氏など著名な女性経営者の名前もあります。

内容がマンネリ化との声も

 解決が難しい世界の諸問題について、世界の有力者が話し合うという壮大な会議なわけですが、一方で「グローバリゼーションを世界に押し付けるための会議」「有力者が集まってパーティをするだけの場」といった辛辣な批判もあります。

1/2ページ

最終更新:2015/11/14(土) 4:38
THE PAGE