ここから本文です

2月3日は節分 なぜ豆をまくの?

2014/1/31(金) 17:12配信

THE PAGE

 2月3日は節分。地方によって異なりますが、「鬼は外、福は内」と豆をまいたり、年の数だけ豆を食べるなど、さまざまな風習が見られます。邪気を払い、新しい年の福を願うものとされている節分行事。でも、なぜ豆をまくのでしょうか?

節分にはなぜ豆をまく?【解説動画】

動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=G5V0oe865Wk

季節の分かれ目

 「節分」は、現代では立春の前日である2月3日ごろを指しますが、そもそも節分とは「季節の分かれ目」の意味で、1年に4回ありました。つまり、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日です。それが、立春が1年の始まりとして重要視され、節分といえば立春の前日のことを指すようになっていったといわれています。

 節分行事のルーツは、平安時代の「追儺(ついな)」という厄災を追い払い、新年を迎える宮中行事だといわれています。旧暦では元日と節分の日が近かったため、本来は大みそかに行われていたこの行事が節分に行われるようになったといいます。追儺は「鬼やらい」ともいわれ、元々は中国の風習です。今ではさまざまな寺社で節分祭が行われますが、京都の吉田神社では、鬼はらい役の「方相氏(ほうそうし)」が黄金四つ目の仮面を被り、矛と盾を持って、暴れまわる赤・青・黄の鬼を退治。最後に上卿、殿上人たちが桃の弓で葦の矢を放ち、災厄を払うという、古式に則った形で追儺の儀式が伝えられています。

「魔を滅する」

 現在の節分では、「鬼は外、福は内」と言って豆をまく風習がありますが、そもそも、なぜ豆をまくのでしょうか。豆をまく風習は、室町時代以降に行われるようになり、は庶民に広まって行ったようです。豆まきは、追儺の儀式に基づいたもので「魔の目を打つ」、「魔を滅する」に通じるからという説があります。また、穀物には邪気を払う力があると考えられており、豆の霊力で邪気を払うという意味もあるといわれています。

 豆まきには、炒った大豆を使い。その年のえと生まれの年男や一家の主人がまくのが一般的です。また、自分の年の数だけ豆を食べると1年間健康でいられるといいます。なぜ炒った豆を使うのか、については、生の豆だと、拾い忘れた場合に芽が出ると縁起が悪い、また「炒る」が「射る」に通じるなどの説があるようです。

 その他、節分には、現在では見かけることはなくなりましたが、焼いたイワシの頭をヒイラギの枝に差し、魔除けとする風習もあります。

(動画制作:TOMOニュース)(http://jp.tomonews.net/114944)

最終更新:2016/2/23(火) 3:03
THE PAGE