ここから本文です

安倍政権のロシア重視外交 日ロ首脳会談どんな意味がある?

2014/2/7(金) 9:00配信

THE PAGE

 安倍首相はロシアのソチで開催される冬期オリンピックの開会式に参加するとともに、プーチン大統領との首脳会談に臨みます。安倍政権は対ロシア外交を重視しているのですが、それにはどのような意味があるのでしょうか?

北方領土問題をめぐる 日露「引き分け」とは?

 安倍首相は昨年4月、ロシアを訪問しプーチン大統領と首脳会談を行っています。両首脳は、北方領土問題について「双方に受け入れ可能な解決策を目指して交渉を加速化させる」ことで一致し、帰属問題に関する具体的交渉をスタートさせることについて合意に達しました。日本とロシアは、太平洋戦争終結前後、旧ソ連が北方領土を一方的に占領したことから平和友好条約を結ぶことができずにいます。つまり日本とロシアは、国際法上、正式に戦争が終了していない状態にあるわけです。北方領土に関するロシア側のスタンスは強硬でしたが、このところロシア側に変化が見られるようになってきました。安倍政権はこれを最大のチャンスと捉え、北方領土問題という戦後最大の課題の一つを解決しようとしているわけです。

 ロシアが北方領土問題について態度を軟化させている理由は、米国のシェールガス開発と中国の台頭です。ロシアは豊富な天然ガス資源を持っています。当初ロシアは、安定的なエネルギー源の確保を求める日本に対し、天然ガスの輸出を持ちかけることで日米同盟にくさびを入れる戦略でした。しかし、米国で安価なシェールガスの開発が進んだことで、相対的にロシアの天然ガスの魅力が低下してきています。ロシアはむしろ日本対して天然ガスを売り込まなければならない立場になりつつあり、ロシアは以前よりも外交的なハードルを下げてきています。

 中国の軍事的な台頭もこれに拍車をかけています。ロシアと中国は比較的利害が一致していますが、ロシアにとっては必要以上に中国が台頭することは望ましいことではありません。日本と平和条約を結ぶことは、中国との交渉において有力なカードとなります。この点でもロシアが日本に接近するメリットがあるわけです。

1/2ページ

最終更新:2015/9/22(火) 2:54
THE PAGE