ここから本文です

北陸新幹線新型車両E7系/W7系のシンボルマークが決定

2014/2/13(木) 16:11配信

THE PAGE

 JR西日本は13日、2015年春に開業する北陸新幹線新型車両のシンボルマークを発表した。

動画で解説「北陸新幹線」ってどんな新幹線?

 新型車両はE7系、W7系と呼ばれ、JR東日本とJR西日本が共同開発。両車両に共通の「7」の文字をシルバーの矢じりの形で表し、「輝く未来に向かって突き進むということを表現した」という。銅色のラインは象嵌細工をイメージ。未来への希望、日本の伝統工芸の緻密さと速さを意味している。

 車両を製造した川崎重工から3~4案が示され、そのなかからJR東日本とJR西日本が決定した。

 シンボルマークは、1号車と12号車の先頭車両両側に配置する(1編成に4か所)。E7系、W7系ともシンボルマークはほぼ同じで、会社名の表記だけが異なる。

最終更新:2016/1/27(水) 4:02
THE PAGE