ここから本文です

日本になぜグーグル、Facebookは生まれないのか

2014/2/16(日) 10:00配信

THE PAGE

 米国と日本の両方でビジネスをしたことがある人にとっては常識なのですが、米国では広告に対する利用者の反応は日本とは比べものになりません。中高年を含む多くの米国民が常に新しい情報やサービスを求めており、そこには大きなお金が動きます。新しいサービスへの興味が強く、いいサービスだと認知されれば一気に拡大することになります。このため、チャレンジしようという人も多く、結果的に多くのベンチャービジネスが生まれるわけです。

 日本ではこうした新しいサービスを活性化させようと、官主導による制度面での支援が続けられてきましたが、まったく効果が上がっていません。官主導でこうした新しいサービスを活性化させようという保守的な風潮そのものが、新しいサービスの登場を阻んでいるのかもしれません。


(大和田 崇/The Capital Tribune Japan編集長)

2/2ページ

最終更新:2018/10/5(金) 17:18
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ