ここから本文です

首都圏の急な降雪と積雪 ── ドライバーはどう対処するべき?

2014/2/18(火) 17:21配信

THE PAGE

 特に首都圏をはじめ普段あまり雪が降らないエリアに住む人々にとって、雪道の運転は大きな危険を伴うもの。そこで、次の危機に備えて雪道運転のポイントを紹介しましょう。

ノーマルタイヤでの運転は厳禁

 まず雪道を走る上での前提条件として、ノーマルタイヤ(夏用タイヤ)を装着している車は非常に危険なので乗るのを控えましょう。「目的地まですぐ近くだから」「大通りはもう雪が解けてるから大丈夫」と思っていても、1本脇道に入ればまだ残雪があったり、建物の日陰部分が凍っていたりします。実際、一時停止や曲がり角での部分的な凍結に気付かず進入して事故を起こすケースは少なくありません。

 あまりお勧めできませんがノーマルタイヤで出かける必要がある場合、タイヤチェーンを駆動輪に装着しましょう。理想的にはスタッドレスタイヤにチェーンを巻くべきです。

 フロント駆動方式(FF)ではブレーキや旋回時にチェーンを付けていないリアが滑ってスピンを起こしやすくなりますし、リア駆動方式(FR/MR/RR)なら逆にフロント側のグリップ力不足で曲がらない状況に陥ります。雪道に強いとされる四輪駆動方式(4WD)についても、チェーンを前輪もしくは後輪のいずれかに1組装着しているだけなら同様の傾向が見られます。確かにフロント・リア駆動と比べてスタック(タイヤが空転して動けなくなる状況)こそしづらいのですが、四輪駆動は車重が重いため、かえって曲がりづらい・止まりづらいといえるわけです。

 ちなみに四輪駆動の場合、チェーンを取り付けるタイヤは車種によって変わってきます。基本的にはFFベースなら前輪、FRベースなら後輪となりますが、このあたりは取扱説明書に従って装着しましょう。

雪道を運転する際のポイント

 雪道の運転は、スタッドレス(冬用)タイヤを装着した状態で、さらに緊急用としてチェーンを携行するのがベストです。それでは実際に、雪道を走行する際のポイントを見ていきましょう。

●走行前には車に積もった雪と靴底の雪を落とす
雪が残っているとライト類が見えづらくなったり、ワイパーなどの動きが悪くなったりと危険です。ブレーキをかけた際に天井の雪がフロントガラスに落ちてきて視界を妨げることもあるので、できるだけ雪は落としておいてください。加えて、ペダル操作の妨げにならないよう、乗車時には靴の底に付着した雪もしっかりと落としておきましょう。

1/3ページ

最終更新:2016/2/18(木) 3:16
THE PAGE