ここから本文です

ニュースでよく見る「ベース電源」とは?

2014/2/18(火) 18:25配信

THE PAGE

 国の中長期のエネルギー政策の方針となる「エネルギー基本計画」において、原子力発電は「ベース電源」と位置づけられると報道されています。「ベース電源」とはいったい何なのでしょうか?

再生可能エネルギーは原子力の代わりになれるのか?

電力需要の山場に合わせるピーク電源

 日本にはいろんな発電所があります。太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーのほか、水力発電や火力発電といったおなじみの発電方法。それから賛否が分かれている原子力発電。あまり耳にしない揚水発電もあります。それぞれ電気を作るためのエネルギーとして、太陽の光や風、石炭、水、ウランといった燃料の違いや発電方法で発電所を分類しています。

 一方、どれだけ安定的に電力を供給できるかという側面から、電源は「ピーク電源」「ミドル電源」「ベース電源」の3つに分けられます。

 特に夏場の暑い日中、みんなが一斉にエアコンを使い出すので、一気に電力需要が高まってピークに達します。この需要のピークに合わせて発電するのが「ピーク電源」です。「ピーク電源」の代表格が揚水発電です。夜間の電力需要が少ない時間帯に、発電所の下にある池から水を汲み上げ、上の池に貯めておきます。そして、電力需要が高まったら水を落として発電します。水がなくなったらそれで発電は終わり。また夜間に汲み上げるという仕組みです。

安定的に電力を供給するベース電源

 この「ピーク電源」に対して「ベース電源」は、年間を通して安定的に一定量の電力を供給する電源です。たとえば、河川には常に水が流れていますからここに発電所を作ると一年を通して電力を供給できます(流れ込み式水力発電)が、季節によって水量が異なるという側面もあります。原子力発電は一度運転を始めると、一定の出力で運転しますので季節変動はありません。ただし、13か月に一回、定期検査のために炉を止めることになっています。ちなみに新エネルギーとして注目されている太陽光発電や風力発電は安定的な出力が見込めないため、ベース電力としては考えられていません。

1/2ページ

最終更新:2016/2/13(土) 2:44
THE PAGE