ここから本文です

炎上リスクも 芸能人によるソチ五輪“便乗コメント”の背景

2014/2/19(水) 20:21配信

THE PAGE

■ソチ五輪が芸能人に与える影響

 ソチ五輪での日本代表選手の活躍が話題を集めている昨今。選手たちの活躍は、多くの国民に勇気や感動を与えているが、こと芸能界に関しても五輪は大きな影響を与えている。芸能人が出演する映画の舞台挨拶やるPRイベントなどにおいても、この時期は「オリンピックは見ていますか?」などといった、五輪関連の質問が多く出る。

<フィギュア>現地メディアに“無視された”羽生の演技

イベント中に、司会者やMCから振られることもあれば、報道陣を前にした囲み取材の場で問い掛けられることもある。五輪だけでなく、サッカーW杯しかり、野球のWBCしかり、スポーツに限らず、ビッグニュースやイベントが話題を集めているタイミングではこういった傾向が目立つ。

 最近の例でいえば、ソチ冬季五輪で見事に金メダルを獲得したフィギュアスケート男子の日本代表の羽生結弦選手について、タレント・芹那が「王子様みたい」、俳優・福士蒼汰が「同世代としてうれしい」、人気子役の鈴木福くんが「スゴいですね」、女優・小芝風花が「手足が長くて、ジャンプも美しい」、萬田久子が「キレイな子ですよね」と、コメントしたことが、各メディアで報じられた。

■軽はずみな“便乗コメント”から炎上の憂き目に

 小芝に関しては、自身もフィギュアスケートを習っていたという多少の“関連性”はあるものの、他の芸能人にとっては単なる“時事ネタ”を振られたに過ぎない。とはいえ、気心の知れた友人同士の世間話ならいざ知らず、そういった場面で「五輪なんて見ていません」や「私とは別に関係ないです」などと答えようものなら、たとえ、それが本心だとしてもイメージダウンは必至だ。

 そうかと言って、あまりに“媚びた”発言をすると、「アイツは、たいして知識もないのに便乗している!」、「にわかファンのクセに偉そうに!」など“便乗コメント”として受け取られ、最悪の場合は、バッシングを受ける可能性すらある。

 実際、過去にはそういった“被害”に遭った芸能人も多数いる。結局のところは、その芸能人が元々抱かれているイメージが、そのまま発言のイメージに繋がるのかもしれないが…。

1/2ページ

最終更新:2016/2/14(日) 4:27
THE PAGE