ここから本文です

R-1で人気芸人がブチ切れ! お笑いコンテストの笑えない審査事情

2014/3/9(日) 10:12配信

THE PAGE

 今年も恒例の‘ひとり芸’日本一を決定する「R-1ぐらんぷり」(関西テレビ)が開催された。過去最多のエントリーとなる3715人の頂点に立ち、賞金500万円を手にしたのは、芸歴17年目のやまもとまさみだ。

 やまもとは、3つのバイトを掛け持ちし、妻子を養う40歳。演技力に定評があり2012年には、映画『踊る!大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』にも出演している。今回の決勝でも、その演技力を活かした芸で笑いを誘い、審査員7名全員と視聴者の投票ポイントを獲得し、完全優勝を果たした。

■ウケても落選!? 審査結果にかみついた芸人が登場!
 
 その一方で、「R-1ぐらんぷり」の審査基準に激しく‘ブチギレた’芸人がいる。今大会予選3回戦で敗退したお笑い芸人のガリガリガリクソン。ニートキャラを明るく演じる‘ニート漫談’で、「あらびき団」(TBS)や「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ)など、人気テレビ番組にも出演経験のあるピン芸人だ。

 ガリガリガリクソンは自身のツイッターで、以下のように今回の結果に怒りをあらわにしている。

「あのウケで何で落ちんねん! R-1なんか2度と出るかヴォケ!!!あのデブの審査員!!!」

「ウケが1番ちゃうんか! お客さんの満足度が1番ちゃうんか! 審査員のためにやってるんちゃうわ! 審査員なんて金払わんとただでみくさりやがって。目ついたろか」

「なんやねん、お笑いってライブちゃうんか!!! こっちはその一瞬に命をかけとるんや!!! 君には努力のあとが見えません。当たり前や!!! ピエロがジャグリングのマメみせてどうするんじゃタコス!」


 プロダクション関係者によると、「この種の予選は、参加人数も多く、審査が長時間に及ぶため、観客もダレてくるのか、途中マイクを倒しただけでも‘笑い’が起こることがある。しかし、ガリガリガリクソンの場合は、ネタで明らかに他の芸人よりもウケていた。その結果も考慮されず、明確な理由もなく、審査員の好みで落とされたとあっては、キレるのも当然でしょう」と擁護的だ。

1/3ページ

最終更新:2016/1/30(土) 3:16
THE PAGE