ここから本文です

<競馬>払戻率変更で人気回復へ “単複”へシフト促す

2014/3/11(火) 10:42配信

THE PAGE

■単複が80%の払戻率に変更

 2012年6月27日、払戻率の弾力化などを目的として、競馬法が一部改正され、いよいよ今年の4月1日から、まずは地方競馬で施行される。3月8日現在、大井、川崎、岩手、愛知、笠松、金沢、兵庫、高知、佐賀の9カ所が、払戻率を発表している。現在は平均で74~75%程度だが、単複は全主催者80%に変更される(馬単は75%、3連単は72.5%となるなど他の賭式では多少の上下がある)。

 特に、兵庫は他の主催者より発表が1週間遅れたが、JRAの払戻率発表後、地方競馬IPAT発売などのインターネット投票への対応も考慮した形で、JRAと同率での発表となった(枠複、馬複、ワイドが77.5%、3連複は75%)。どの主催者も、併せて約74~75%の払戻率となり、いわゆる"テラ銭"(運営サイドの手数料)は、今までと、さほど変わらない。

■払戻率を下げた3連単 上げた単複の理由

 では、今までと何が違うのか? 1990年までは単勝、複勝、枠複の3種類しかなかった勝馬投票券だが、現在は馬複、ワイド、馬単、3連複、3連単、5重勝と馬券の種類が増えた(一部主催者で7重勝も実施)。馬券の種類が増えていく過程で、高配当の魅力から、1着から3着まで順番通り当てる「3連単」のシェアが現在でも最も高い。

 「3連単を導入したことで、的中を狙えば買い目が増えてしまうし、その分金額がかさむ。だが、1日に使えるお金は限られているから、そこで外れてしまうとジ・エンド。だから、レースを絞る形になるし、馬券が売れなくなるのも頷ける」といったコメントを、ファンの方や馬産地の関係者などからよく聞く。

 もちろん、馬券の種類は増えても、選択するのはファンだから、わざわざ難しい馬券に手出しする必要はない。臨機応変で考えれば良いわけだが、新聞などのマスコミも「3連単高配当的中!」と謳いたい思いもあり、どうしても3連単を推す風潮がある。そういった面で今回、シェアが多い3連単の払戻率を下げたことは、主催者としての収益を確保する上で当然の施策と言える。

■3連単から“当てやすい馬券”へのシフト

 一方で、1頭だけを考える、また2頭を着順通り考える必要のない、的中しやすい馬券の払戻率を上げる主催者が多いことは、当てやすい馬券にファンをシフトさせ、絞られた1レースを楽しむ流れから、より長い時間、競馬を楽しむことができる方向へと導き、ビギナーファンの参入や定着化を目指していく狙いがある。

1/2ページ

最終更新:2016/2/5(金) 3:54
THE PAGE

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ