ここから本文です

ソフトバンク王会長「こんなことをしたくなかった」と猛反省

2014/3/23(日) 23:24配信

THE PAGE

■パリーグ優勝予想はソフトバンク

 オープン戦の取材を続けながら評論家など関係者の声を拾うと、そのほとんどがパ・リーグの優勝予想にソフトバンク・ホークスの名前を挙げる。オープン戦は、15勝2敗2分の成績で、ぶっちぎりの1位で終えた。しかも、その内容が素晴らしい。

 表を参考していただきたいが、12球団で、唯一チーム打率を3割に乗せ、チーム得点も100点台。本塁打、盗塁も1位で、おまけに、チーム防御率、失点までのすべてが断トツだ。きっと球団上層部は、ウハウハでしょうがないと思っていたが、実は、キャンプ中に話を聞いていた王貞治・球団会長の口から出たのは意外な言葉だった。

 「ほんとは、こんなことはしたくなかったんだ」
  こんなこと……が何を示すかは、すぐにわかった。

■お金をかけた補強はしたくなかった

 「お金をかけて外から選手を補強していくというチーム編成は、歪なんだ。昔、どこかのチームがやっていたが(笑)、できれば、こんなことはね。しかし、優勝から2年離れている。何がなんでも勝たねばならない」

 このオフ、孫正義オーナーから、「3年ぶりの日本一奪回」の厳命を受けたフロントは、他球団の目がくらむほどの大量補強をした。中日からFAで中田賢一、同じくFAで日本ハムから鶴岡慎也、ウルフ、阪神からはスタンリッジ、西武からサファテ、オリックスからイデホ、メジャーから出戻りとなった岡島秀樹と、計7人。スタンリッジに至っては、阪神の提示額の倍額を出したと言われている。

 ソフトバンクは、開幕投手に決めた摂津正を筆頭に、中田、ウルフ、スタンリッジ、寺原隼人、東浜巨という強烈な6人のローテーションを固めたが、そのうち3人が新戦力。中田は、4試合に投げて、防御率、1.50である。五十嵐亮太とのダブルストッパーとして起用される予定のサファテは、7試合に投げて1点も取られなかった。岡島は、森福允彦と共に貴重な左腕の中継ぎとしてスタンバイする。オープン戦では、なかなか一発が出なかったが、イデホは、不動の4番としての存在感を示し、鶴岡は正捕手の座を射止めた。

1/2ページ

最終更新:2016/1/31(日) 3:52
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 23:00