ここから本文です

異常事態が進行中 「銀行券ルール」って何?/木暮太一のやさしいニュース解説

2014/3/25(火) 15:00配信

THE PAGE

 先日、新年度予算案が国会を通過しました。新年度に使うお金の額と、その使い道が決まったわけです。
2014年度の予算総額は95・9兆円になりました。ちなみにこの金額は、過去最大です。消費税増税後に景気が低迷することも視野に入れ、相変わらず「大盤振る舞い」が計画されています。足元の景気をよくするために仕方がないと。
 このままだと、「銀行券ルール」が無視され続け、日本経済は大変なことになってしまいます。

「ん?? “銀行券ルール”? 聞いたことないなぁ」

 あまり知名度はありませんが、とても重要なルールです。
 この“銀行券ルール”が何かを説明するために、いま何が起きているか、なぜ“銀行券ルール”が危ない状態にあるのかを解説します。

 国会を通過した予算案だと、例年どおり40兆円を超える赤字があります。「税金で集められる金額よりも、政府が使うお金の方が40兆円以上、多い」ということです。そして、この赤字分を誰かが補てんしなければいけないということです。

「赤字を補てんするって、どういうことだっけ?」

誰かが国にお金を貸さなければいけないということです。つまりその分だけ誰かが国債を買うのです。本来であれば、国が使うお金はすべて税収で賄わなければいけませんが、到底足りないので、今回新しく国債を41兆2500億円発行する予定です。

「これから景気が良くなるから、国民に買ってもらおうとしてるの?」

いえ、そうではありません。政府がアテにしているのは日銀です。日銀が買うんです。

「あぁ、なんだ。じゃあ大丈夫だね。日銀だったらたくさんお金持ってそうだもん」

それが、そうでもありません。
たしかに、日銀はお金を刷ることができるので、それだけ考えるといくらでも国債を買うことができます。ただ、それは本来「禁じ手」です。

「なんで??」

 それをやってしまうと、財政規律が乱れてしまうからです。日銀が無尽蔵にお金が刷って、無尽蔵に国債を買うとします。日銀が国債を買ったら、その“代金”を政府が受け取ります。そして、政府はそのお金を使います。
 そうすると、世の中に無尽蔵にお金が流通することになりますね。

「そうだね。で??」

1/3ページ

最終更新:2016/2/1(月) 3:23
THE PAGE