ここから本文です

掛布氏 セ・リーグ順位予想は巨人、阪神、広島

2014/3/27(木) 9:00配信

THE PAGE

 私は、阪神からGM付育成&打撃コーディネイターの役割を仰せつかっているが、今回は、評論家の立場で客観的にセ・リーグの順位予想をしてみたい。阪神のファンの方は、なにとぞ、その点をご容赦いただきたい。

■優勝予想は巨人 盤石の布陣

 優勝は巨人で揺るがないだろう。「自分たちの野球をすれば勝てる」というチーム編成で開幕を迎えることができたと考える。宮国、今村らの若手が伸び悩んでいたローテーションの一角に、FAで大竹、ウイークポイントだったセカンドに片岡、内野のバックアップに井端を獲得して、水の漏れぬチーム補強をした。山口のコンディションが悪くて出遅れているようだが、長いシーズンを考えると、そう影響はなく、山口、マシソン、西村の後ろの3枚は、磐石に思える。戦力的には巨人が一歩抜け出ているが、それを追う以下5球団の中で、一歩リードする可能性のあるのが、我が阪神と広島だ。

■昨年2位の阪神 抑えの切り札はみつかったが…

 阪神はスタンリッジ、久保(昨年は抑え)という2人のローテーション投手が退団、その代役となる戦力がオープン戦では、正直、見つからなかった。ペナントレースという長い戦いを考えると、やはり順位予想は、投手力から見る。しかも、阪神の昨年の2位という結果も、投手力を軸とした安定した守りの野球からキープした順位である。そう考えると、先発陣が弱くなり、呉昇桓(オ・スンファン)という切り札は加わったが、その前の左の中継ぎ層も不安では、阪神ファンには申し訳ないが、優勝という二文字をここで出すわけにはいかない。

 本来ならば、打線で、その不安をカバーしていかねばならない。だが、新4番として獲得したゴメスが、膝を痛めてオープン戦に出遅れ、まだ期待できるほどの形が見えてこない。鳥谷、西岡がオープン戦の終盤に故障で休み、「今年の阪神は違うぞ!」という明確なカラーを打ち出すことができないまま開幕を迎えることになってしまった。ポジションで言えば、マートンのレフトと、鳥谷のショート以外は、誰に
でも可能性があったのだが……左の代打も足りない。4番と第4、第5の先発候補、左腕の中継ぎ……危険なアキレス腱だ。

1/2ページ

最終更新:2015/10/20(火) 3:29
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 21:35