ここから本文です

<フィギュア>浅田真央 若手が見惚れるトリプルアクセル

2014/3/28(金) 2:56配信

THE PAGE

生涯ベスト3の演技

 フィギュアスケート世界選手権の女子シングルSPでパーフェクトな演技を披露し、SP得点78.66点(技術点42.81点、演技構成点35.85点)という、キム・ヨナ超えの世界歴代最高点をマークした浅田真央。とりわけ、プログラムの冒頭で見せた「トリプルアクセル」では、出来映えを示すGOEが1.86点という極めて高い評価を受け、2009年の国別対抗戦でマークした自己ベストの75.84点を5年ぶりに更新する大きな要因となった。

 浅田自身が「今までの試合で滑ってきた中でベスト3に入る演技だった」と笑顔で振り返った渾身のパフォーマンス。「見に来ていた知り合いや、たくさんのファンの方、今まで支えてくださった方、そして自分のためにも良い演技をしようと思って滑った」と語る表情には満足感が漂っていたが、浅田の演技から強烈なインパクトを受けていたのはそれらの人々だけではなかった。

 「ワァオ!」。浅田のトリプルアクセルが決まった瞬間、客席の一部に設けられた関係者席で思い切り拍手をしたのは、すでに自身の演技を終えていた米国の15歳、ポリーナ・エドモンズだった。

 1月の全米選手権で2位になり、駆け足で出場したソチ五輪では9位と大健闘。次世代のヒロイン候補の一人である愛らしい新鋭は、浅田の演技が終わるやいなや真っ先に立ち上がり、うっとりした表情を浮かべながら拍手を送った。

 エドモンズと同様に浅田より前のグループで滑り終え、客席から真剣な視線を送っていたのは、ロシアの15歳、アンナ・ポゴリラヤだ。ロシア女子シングルはソチ五輪の出場枠が2つしかなかったため、アデリナ・ソトニコワとユリア・リプニツカヤに五輪出場権を持って行かれたが、今季のGPシリーズ中国杯で優勝を果たした実績が示すように、その才能は折り紙付き。こちらも浅田のアクセルジャンプが決まるたびに拍手をし、最後は大勢の観客と一緒にスタンディング・オベーションを送っていた。

1/2ページ

最終更新:2016/2/5(金) 2:59
THE PAGE