ここから本文です

オバマ大統領、24日に国賓として来日

2014/4/4(金) 16:01配信

THE PAGE

外務省は4日、アメリカのオバマ大統領が4月24日から25日まで国賓として来日すると発表しました。24日に同大統領と会談と会食を行う予定です。

オバマ大統領、なぜ国賓待遇に消極的?

国賓というのは、「政府が公式に接遇し、皇室が接遇にあずかる外国の元首らのこと」を言います。このため、皇室における国賓の接遇として、(1)両陛下を中心とする歓迎行事、(2)両陛下のご会見、(3)宮中晩餐、(4)賓客退京時のご訪問などが行われます。

4日の閣議で国賓として招くことを決めましたが、当初は、オバマ大統領は国賓待遇に消極的だと伝えられていました。日本を訪問したあと、韓国、マレーシアなどにも立ち寄るなど過密な予定だったからです。

同大統領の到着日程は未定ですが、外務省は、行事に影響が出ないよう遅くとも24日早朝までに到着するよう調整しているとしています。

最終更新:2015/5/21(木) 4:26
THE PAGE