ここから本文です

ホームランが倍増、新統一球は「飛ぶボール」?

2014/4/7(月) 10:00配信

THE PAGE

 いよいよスタートした2014年のプロ野球、巨人が開幕5試合で77安打というプロ野球記録を樹立、その巨人に開幕戦で敗れた阪神はエースの能見が開幕投手としての最多失点記録(10失点)を喫するなど開幕4戦中3戦で2ケタ失点。そのほかにも開幕から一週間で昨年の倍にあたる11投手が5失点以上を記録したり、2ケタ得点を挙げたチームが6チームも生まれるなどロースコアが当たり前だった旧統一球の時代はもちろん、昨シーズンと比べても様相の一変した試合が繰り広げられている。いったい何が起きているのか、検証を行った。

 まずは、表1をご覧いただきたい。これは開幕から2カードが終了した時点の打撃内容を昨年と今年とで比較したものである。目立つのは本塁打の増加で、28本から53本とほぼ倍増している。安打、打率、得点の増加はほぼこれに伴うものといっていいだろう。スタンドインする打球が増えた分、安打も得点も増える。簡単な理屈である。ところがその一方で投手の実力が最も反映するといわれる三振、四球の数にほとんど変化はない。本塁打増加は投手の実力低下ではなくほかの原因がありそうだ。

 ここで考えられるのが昨シーズン中に明らかになった統一球の仕様変更だ。一大騒動となったこの問題、仕様の変更は昨シーズンの開幕戦から行われていたのであるが、その事実は選手に公表されず、また調整期間であるオープン戦では旧統一球が使用されていた。事実が明るみにでたのは6月11日、飛ばないボールに適応しようとしていたバッターにとってはまさに青天の霹靂であり、すぐに対応ができた選手は少なかったと考えられる。

 そして迎えた今シーズン、各打者がオフの間からボールの変更に対する対応を進めたことは想像に難くない。「もう飛ばないボールではない」という意識が広まり、バッティングスタイルを変えた打者が増えた結果が開幕からの本塁打増加につながっているのではないだろうか。

1/2ページ

最終更新:2016/1/8(金) 4:10
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ