ここから本文です

【小保方氏会見速報(5)】「割烹着は3年前から着て実験していた」

2014/4/9(水) 15:04配信

THE PAGE

 STAP細胞の論文問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが9日午後、大阪市内のホテルで会見。主な質疑応答は以下のとおり。

【アーカイブ動画】STAP細胞問題で小保方氏が記者会見

記者「早稲田大学に博士論文取り下げを伝えたという報道がありますが」
小保方さん「博士は指導されて授与されたものであるので、とアドバイスを関係者から頂いた(取り下げられてはない)」

記者「割烹着を着ているという報道があったがどうみてました」
小保方さん「みなさん面白い見方をするなぁと思ってました。あまりにも予想外な報道だったので。恐ろしかったです、正直」

記者「割烹着報道、異様なムードになったが、それについて昔からやってたのか? いつからやってたか?」
小保方さん「割烹着は3年前から着て実験してた。ピンクの実験部屋は、私がユニットリーダーに着任して研究室を用意している段階でできたものです」

記者「不服申し立てについて。弁護士の先生に、小保方さんがやったことは懲戒規定に抵触しないか?」
弁護士「この問題が研究不正と認定されたら、理研の懲戒手続きに付される可能性がある。その際に改めて懲戒に該当するかという問題になるが、そうではない。研究不正ではない」

最終更新:2015/2/18(水) 4:04
THE PAGE