ここから本文です

ザックジャパン “スーパーサブ”に滑り込むのは誰だ?

2014/4/10(木) 10:00配信

THE PAGE

 ファンとメディアに開放され、ほぼ満員で埋まったメインスタンドのちょうど反対側。ハーフウェイラインの延長線上で、アルベルト・ザッケローニ監督が腕組みをしたまま目を光らせている。

 千葉県内で行われてきた日本代表候補合宿の最終日となる9日、20人のフィールドプレーヤー全員に45分間ずつのチャンスが与えられた流通経済大学との練習試合で、立ったままの指揮官は選手たちの一挙手一投足を注視しながら、求める「適性」があるかないかを確かめていた。

 「慣れない選手たちとプレーする中でスムーズに力を出せるかどうかを、この合宿で見極めることが重要だと考えていた」

 これまでザックジャパンに招集された選手たちが攻撃陣を占めた前半は、ゴールを奪うことができないまま0対0で終了した。メンバーが入れ替わった後半。今合宿で初めてピッチ上でプレーした選手が大半を占める中で、FW川又堅碁(アルビレックス新潟)が躍動した。

 依然として無得点で迎えた30分。右サイドバックに入った鈴木大輔(柏レイソル)が攻め上がり、ゴール前へ低く速いクロスを入れる。トップスピードでニアサイドへ飛び込んできたのは川又。宙を舞いながら効き足の左足で確実にボールをとらえ、ネットを揺らした。

 ゴールという結果を残した川又だったが、試合後の言葉はなぜか弾まない。
 「ただ単に取っただけなので。もうちょっと(ゴール前に)顔を出せる場面はあったし、もっとゴールに向かうプレーを多くしないと。ゴールに直結するような、裏への抜け出しとかもできなかった。そういうところを、もっと意識しないといけない」

 1点だけじゃ物足りない。決して満たされることのない川又のハングリーな思いが、周囲にひしひしと伝わってくる。後半の開始6分。右サイドを攻め上がったDF塩谷司(サンフレッチェ広島)のクロスに同じように飛び込んだが、左足によるボレーはバーの遥か上を超えてしまった。

 決定機を外した事実を、脳裏から消去できないのだろう。川又の声のトーンは上がらない。
 「もっと点を取らないといけない場面があった。そっちを反省しないと」

1/3ページ

最終更新:2015/7/26(日) 4:50
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ