ここから本文です

抑えに『リベラ賞』『ホフマン賞』が新設 第1号の最有力候補は上原だ!

2014/4/10(木) 14:53配信

THE PAGE

 大リーグ機構は9日、これまで年間両リーグで1人選出してきた最優秀救援投手賞を、今季からリーグ別に選出することを発表した。ア・リーグは昨年ヤンキースを引退し、通算652セーブを挙げたリベラ氏に因んで、「マリアノ・リベラ賞」。ナ・リーグは主にパドレスで活躍し、601セーブを挙げたホフマン氏に因んで「トレバー・ホフマン賞」と名づけられ、米国メディアは、早くも、「マリアノ・リベラ賞」の最有力候補にレッドソックスの上原浩治投手(39)の名前を挙げている。

 「コージが投げたら、あっという間に試合が終わってしまうから、デスクと打ち合わせをする時間がなくて困ってしまうよ」

 4-2でレンジャースに逆転した9日(日本時間10日)の本拠地、ボストンのフェンウェイパークの記者席で、米国人記者がつぶやいた。この日の上原は、2点差リードの九回から四番手で救援し、球数わずか11球で三者凡退。開幕から5試合無失点で今季2セーブ目を挙げた。ワールドシリーズ優勝に大車輪の活躍をみせた昨年の疲労を指摘する周囲の懸念をモノともせず、オープン戦からここまで防御率0.00という鉄壁ぶりだ。

 大リーグ機構が上述の「マリアノ・リベラ賞」、「トレバー・ホフマン賞」を発表した際には、現場では早くも「コージは間違いなく候補の1人」、「故障さえしなければ、大いにチャンスはある」の声。上原が、初代受賞者の最有力候補に名乗りを上げた。

 同賞は、リベラ氏、ホフマン氏を含め、デニス・エカーズリー、ローリー・フィンガーズ、リッチ・ゴセージ、ブルース・スーターという、4人の野球殿堂入りを果たしている偉大なる元救援投手に加え、リー・スミス、ジョン・フランコ、ビリー・ワグナーらを加え、計9人の投票によって決まる。投票者は、レギュラーシーズンのパフォーマンスを対象に、各リーグの上位3投手をランキングし、ポイント制で投票されるシステムだ。

1/3ページ

最終更新:2016/2/5(金) 4:02
THE PAGE