ここから本文です

GWドライブで寄ってみては? 全国「変り種」サービスエリア

2014/5/2(金) 13:00配信

THE PAGE

 平日が多くていつの間にやら前半が終了した2014年のゴールデンウィーク(以下GW)。「まだどこにも出かけていない……」という方、旅行で高速道路を利用する予定がある方は、個性的なコンセプトや特長を持つサービスエリア(以下SA)に寄ってみては? 近年ますます商業施設化が加速する日本全国のおすすめSAを紹介します。

【解説動画】高速道路で渋滞が起こるメカニズムは?

世界観を忠実に表現「寄居 星の王子さまPA」(埼玉県)

 まずは首都圏に近い関越自動車道(上り)にある「寄居 星の王子さまPA」から。サン=テグジュペリ作「星の王子さま」をテーマに、施設全体がまとめられています。著者ゆかりの地、 南フランス・プロヴァンス地方の家庭料理を楽しめるレストランや、1930年代の味を再現したコーヒー「サン=テグジュペリ・オリジナルブレンド」、作中に登場する「うわばみに飲み込まれたゾウ」を模した「うわばみ焼」など、建物や店舗名、メニューなどの細部に至るこだわりに注目。作品のファンならきっと楽しめるはず。

超豪華「刈谷ハイウェイオアシス」(愛知県)

 愛知県と三重県を結ぶ伊勢湾岸自動車道(上下)にある「刈谷ハイウェイオアシス」。天然温泉や噴水、観覧車、メリーゴーランド、ゴーカートなど、このエリア内で一日中遊べる設備がそろっています。特に注目したいのが「デラックストイレ」。「ここが本当にトイレなの!?」と驚いてしまうような豪華な造りは必見です。ぜひ一度は利用してみてください。もちろん、フードコートやお土産ショップも充実。ファミリーで楽しめる空間になっています。

厳島を眺める「宮島サービスエリア」(広島県)

 神戸を起点に山口へと延びる高速道路、山陽自動車道(下り)にあるのがこの「宮島サービスエリア」。美しい瀬戸内海と世界遺産の厳島(通称:宮島)を見渡せます。広島東洋カープのグッズ販売コーナーが設置されているのも、地元らしさを感じられるユニークなポイント。広い公園と散歩道、ペット用の水飲み場などもあります。

ペットも大喜び「三木サービスエリア」(兵庫県)

 同じく山陽自動車道(上下)にある「三木サービスエリア」は、西日本最大級の複合エリア。こちらの施設は、ペット用の設備が充実しています。リードなしで自由に散歩できるドッグランや専用水飲み場、専用足洗い場、専用トイレ、専用ゴミ箱などを完備。テラス席にリードフックポールを備えるスターバックス コーヒーがあり、ペットと一緒にくつろげます。

1/2ページ

最終更新:2016/2/1(月) 3:51
THE PAGE