ここから本文です

大山ケーブルカー、2015年から新型車を導入 開業50年で初

2014/5/16(金) 10:12配信

THE PAGE

小田急グループの大山観光電鉄(本社・神奈川県伊勢原市)は、2015年に開業50周年を迎える「大山ケーブルカー」で、2015年10月から新型車体を投入する。新型車の製造は、開業以来初めて。このほかレールなどを含めた設備全体の大幅な更新も行い、安全性を高める。

今回、保有する2両の車体を新たに製造し、車窓からの眺望をより楽しめるケーブルカーを目指す。デザイン設計は、小田急ロマンスカー・VSE(50000形)などをデザインした岡部憲明アーキテクチャーネットワーク(岡部憲明代表)が担当する。また、車両だけでなく、全線のレール、マクラギ、分岐器を交換するほか、橋脚、橋げたの補強も行う。投資額は総額16億円。

大山ケーブルカーは、丹沢大山国定公園内の大山中腹を運行する。大山ケーブル駅~阿夫利神社駅の約800メートルを結び、標高差は280メートル。江の島や三浦半島、房総半島まで見渡せる眺望と、緑あふれる風景を楽しめる。

最終更新:2014/5/16(金) 10:12
THE PAGE