ここから本文です

17年春に新たな豪華寝台列車を導入へ。京阪神と山陰、山陽で運行予定/JR西日本

2014/5/21(水) 18:08配信

THE PAGE

 JR西日本は21日、2017年春に京阪神と山陰、山陽を運行エリア(予定)とした新たな寝台列車を導入することを発表した。

 同社広報部によると、新たな寝台列車は「美しい日本をホテルが走る~上質さの中に懐かしさを~」をコンセプトに、車両内はホテルのような空間と懐かしさを感じられるデザインにするという。車両は、客室車6両と食堂車、ラウンジカーがともに1両ずつ。展望スペース付き先頭車2両の合わせて10両編成となる。

 また、動力方式はディーゼル発電機で発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動を取り入れたハイブリッド方式を採用する。客車6両のうち1両は、プライベートバルコニーやバスタブ付きの本格的なバスルームを設置する「最上級客室」1室を設置する。客室全体の定員は、6両合わせて30人程度を予定しているという。

 車両のインテリアを中心としたデザインは、京都迎賓館などの施設に携わり空間デザインに造詣が深い、建築家でインテリアデザイナーの浦一也さんが担当。車両のデザインは、N700系新幹線や寝台列車など、数々の鉄道車両を手がけたインダストリアルデザイナーの福田哲夫さんが担当する。また、食堂車で出される食事は、料理雑誌「あまから手帖」の編集顧問や「水野真紀の魔法のレストラン」への出演などでも知られるフードコラムニストの門上武司さんが担当する。

 同社広報部は「流れゆく車両を眺めながら、鉄道の旅の魅力を感じていただければ」と話している。

最終更新:2014/5/22(木) 1:04
THE PAGE