ここから本文です

南海トラフ地震を想定、防衛省と資源エネ庁が初の合同訓練を6月実施へ

2014/5/26(月) 13:06配信

THE PAGE

資源エネルギー庁は26日、南海トラフ地震を想定し、自衛隊へのスムーズな石油供給などを図るため、防衛省との間で初めての合同実働訓練を6月5日に実施すると発表した。

同庁によると、2011年3月の東日本大震災の際、石油をスムーズに輸送できず、給油できない地域がいくつも出た。同庁の要請を受け、自衛隊が被災地にドラム缶などを搬送したが、調整がうまくいかず手間取った場面もあったという。当時の経験を踏まえ、防衛省・自衛隊、資源エネルギー庁、石油連盟・石油元売会社(コスモ石油など)が合同で、石油を供給する訓練を行うこととした。

訓練は、南海トラフ地震発生時を想定。6月5日に大阪府堺市のコスモ石油・堺製油所内施設で実施する。自衛隊の人命救助活動などに必要な燃料を効率的に補充することや、タンクローリーが被災した石油会社に代わって自衛隊が民生用石油を代替輸送することを想定。自衛隊のトラックが製油所内に入り、石油を確保、搬出する手順を訓練する。

最終更新:2014/5/26(月) 13:06
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ