ここから本文です

日本周辺の二酸化炭素濃度、過去最高を更新。各地で400ppm超え

2014/5/26(月) 15:40配信

THE PAGE

気象庁は26日、日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度を公表した。2013年の平均値と今年4月の平均値は、いずれも過去最高を更新した。海上や上空では、初めて400ppmを超えた。

気象庁は、日本を含む北西太平洋域の陸上、海上、上空で、温室効果ガスの観測を実施。大気や海水中の二酸化炭素濃度の観測をしている。

陸上(大気中)では、綾里(岩手県大船渡市)、南鳥島(東京都小笠原村)、与那国島(沖縄県与那国町)の国内3か所で測定。二酸化炭素濃度の月平均値は、綾里で2012年に400ppm超えを記録したのを手始めに、2013年から国内3地点で毎年400ppmを超えるようになった。2013年の年平均値、2014年4月の月平均値ともに、過去最高を更新した。

また海上(日本南方)でも2014年冬季の洋上大気中の二酸化炭素濃度の平均値が400.6ppmとなり、1984年以降初めて400ppmを超えた。上空でも、日本の南東(神奈川県綾瀬市-南鳥島間)では、航空機で上空6km付近を観測した結果、2014年4月の二酸化炭素濃度の平均値は402.7ppmを記録。2011年2月の観測開始以来、初めて400ppmを超えた。

最終更新:2014/5/26(月) 15:48
THE PAGE