ここから本文です

三鷹のキウイで作ったワインの販売始まる /東京

2014/5/26(月) 16:00配信

THE PAGE

東京・三鷹市内で育ったキウイフルーツで醸造した「三鷹キウイワイン」の販売が、5月24日から始まった。限定1万596本。主に、市内の酒販店などで販売する。毎年人気で、夏ごろには売り切れるという。

三鷹市によると、キウイワインの販売は今年で28年目。2012年には三鷹のお土産認定商品としてTAKA-1(みたかセレクトONE)にも選ばれた。今年の新酒は、昨年のキウイが豊作だったこともあり、キウイの香りが最大限に生かされた仕上がりになった。「白」と「ロゼ」「にごり」「スパークリング」「スパークリング シャンパン瓶タイプ」の5種類を販売する。

白はきりっとした辛口、ロゼはやや甘口、にごりは風味の高い甘口、スパークリングはさわやかで、キウイの香りがさらに際立つ甘口。

希望小売価格(各1本・税込み)と販売数は、下記の通り。

「白」720ミリリットル 1337円(4416本)
「ロゼ」720ミリリットル 1337円(2508本)
「にごり」720ミリリットル 1646円(1920本)
「スパークリング」330ミリリットル 1028円(1392本)
「スパークリング シャンパン瓶タイプ」360ミリリットル 1543円(360本)

最終更新:2014/5/26(月) 16:59
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ