ここから本文です

文楽の人間国宝・七世竹本住大夫が引退 68年の大夫人生に幕

2014/5/26(月) 18:00配信

THE PAGE

 文楽の人間国宝・七世竹本住大夫の引退公演(東京・千代田区、国立劇場)が5月26日、千穐楽を迎え、住大夫は1946年4月に入門して以来、68年間の大夫人生に幕を引いた。

 4月の大阪・文楽劇場(大阪市中央区)での「引退公演」に続き、東京公演も日々、満員。20日には、住大夫の最後の語りを聴くため、天皇陛下も国立劇場を訪れ、観劇後には皇后さまも一緒に歓談されたという。

 千穐楽。満員の観客から、掛け声と大きな拍手を贈られ、最後の舞台を終えた住大夫。
 舞台上での最後のあいさつでは、「4月の大阪に続き、この5月公演も初日からこのように賑々しく、一同、感謝の思いでいっぱいです。一昨年に脳梗塞で倒れたあと、やはり後遺症があり、口さばきの悪さや、腹から声が出なくなり、お客様に申し訳ない、もう恥かきたくない、しんぼうたまらんようになって、2月に引退を決めました。私事で申し訳ないが、68年、大夫を務められたこと、ありがたく思います。亡き先輩方が不器用な自分を厳しく、親切に指導してくれたおかげやと思っております。ええご縁をいただいた、運のええ男や思います。いまは喜びと感謝と敬いの心です」と感慨深げ。
 その後、同じく人間国宝の人形遣い、吉田簑助から花束を受け取り、「長く苦楽をともにしてきたから感無量です」と、涙ながらに手を握りあった。

 舞台人生の「集大成」。締めくくりに住大夫が語った演目は「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)・沓掛村(くつかけむら)の段」。実は、養父の六世住大夫が引退の際に語ったのもこの狂言だった。

 お家追放となった主人の子を武家の子として立派に育てようとしている馬方。武士の子に生まれながら、そんな思いをよそに馬追いになりたいと言う子供。馬方である息子の身を案じてやまない母。
 89歳の住大夫が、病弱な婆(乳母)、忠義心の厚い馬方、そして、むじゃきな五つの幼子までを、ときに激しく、ときにやわらかに、そして悲しく、情をこめ演じる。「情のある語り」が身上の、住大夫らしい心を打つ名演だった。

 50年来、住大夫の語りを聴いてきた山川静夫氏は、「義太夫は『情』を語りこむことが一番大切。人間性が大きく作用します。『情』は、年月をかけてこそ到達できる人間の味。“住大夫三役”という、『合邦辻』の合邦、『沼津』の平作、『引窓』の南与兵衛、婆など、稽古に稽古を重ね、日々研究してきたからこその、円熟の芸でした。潔い引退にも人間性を感じました」と、感謝の思いと言葉を添えた。

1/2ページ

最終更新:2014/5/27(火) 11:51
THE PAGE