ここから本文です

国交省、船舶1027隻に立入検査し、91隻が不適正 2013年度

2014/5/27(火) 15:31配信

THE PAGE

国土交通省は27日、2013年度に1027隻の船舶への立入検査を実施した結果、漁船では20%の39隻、漁船以外の船舶では6%の52隻で、トン数が適正でなかったことを明らかにした。同省では、これらのトン数を是正させた結果、船舶の安全性は確保されるようになった、としている。

トン数が適正でなかった船舶は、漁船で197隻中39隻(19.8%)、貨物船や旅客船など漁船以外の船舶で830隻中52隻(6.3%)だった。

船舶のトン数は、安全規制の適用や課税の指標などに用いられる。国は、船舶の建造時にトン数を確認している。しかし、就航後に倉庫を追加設置したり、甲板室を改造したりしてトン数が変わることがよくあり、同省の船舶測度官が定期的に、船舶への立入検査を実施している。 立入検査は、総トン数100トン以上の船舶では約6年ごと、100トン未満の船舶では約4年ごとに行っているという。

最終更新:2014/5/27(火) 15:41
THE PAGE