ここから本文です

「美学生図鑑」など学生向けWebサービスを開発。Campus代表取締役CEO 國重侑輝さん

2014/5/28(水) 11:00配信

THE PAGE

 「これからどんどんコンテンツを作って増やし、サイトの価値を高めていきたいですね」と語るのは國重侑輝さん(23)。学生の写真やインタビューを掲載する人気サイト「美学生図鑑」などWebサービスやアプリケーション開発などを行う「Campus」(京都府京都市)の代表取締役CEOだ。

 学生向けWebサービスの開発や運営、クリエイターの育成事業などを行う同社の設立は2012年。当時学生だった國重さんは「学生にしか作れないWebサービスを作りたい」という思いから「Campus(キャンパス)」を設立した。サイト「Campus」を見ると「美学生図鑑」「Webマガジン」「ボランティア」「就活インタビュー」などのサービスがズラリ。中でも「美学生図鑑」は「ドキっとする瞬間をあなたに」というテーマのもと、成長過程にある学生たちの「一瞬」を専属のカメラマンたちが撮影・掲載し人気を博している。今では約100人のスタッフが運営にあたっているという。

「美学生図鑑」開設のきっかけはカメラ好きから

 この「美学生図鑑」開設のきっかけは、國重さんがカメラ好きだったことにあるという。「僕はカメラが趣味で風景とかを好んで撮っていましたが、だんだん人を撮りたくなりまして。そしたら、自然とかわいい子を撮って載せたくなる。そこで、こうした専門サイトを立ち上げ『撮る口実』を作りたかった、というのがきっかけなんです」。ところが、サイト開設後、1日でアクセスを約3万を記録。「それが仕事へとつながっていったんです。周囲に大学の多い京都市での起業を決めました」と國重さんは振り返る。同図鑑は今では西日本だけでなく、全国的に範囲が広まっているという。

 Campusではこのほか、大学生の「困った」を解決するために作られたWebマガジン「Campus Magazine」も注目をあびている。「就活・キャリア」「恋愛」「学生生活」といったカテゴリを作り、それぞれの疑問や悩みを、それぞれの分野で活躍する専門のライターが記事を通して答える形式をとっており、これも学生ならではの視点があってこその産物だといえる。また、学生ボランティアデータベースサイト「ACTiVO」も全国1000人を超える利用者がいるという。「これからもアプリを作ったり海外版をつくったり、いろんな展開を生み出していきたい」。國重さんの新たな挑戦は続く。

最終更新:2014/5/28(水) 11:00
THE PAGE