ここから本文です

舛添都知事「景観配慮見てとれた」コメント発表。国立競技場構想会議に

2014/5/29(木) 18:04配信

THE PAGE

2020年の東京五輪で主会場となる予定で、デザインや費用などが論議になっている新国立競技場に関し、東京都の舛添知事は29日、この日開かれた「国立競技場将来構想有識者会議」を受けて、コメントを発表した。

コメント全文は、以下の通り。

「さきほど会議に出席した秋山副知事より報告を受けた。本日の会議では、新国立競技場の基本設計内容の報告があり、私も外観パースを見て、完成後の建物の全容を具体的にイメージすることができた。

また、開閉式屋根や可動席など、2020年大会を運営する上で有効な設備が盛り込まれている一方で、建物高さを従前より低くするなど、施設機能を維持しつつ景観に一定程度配慮しているものと見てとれた。

デザインなどについて、これまで専門家から様々な意見が出ていると聞いているが、建設にあたっては、対外的に十分に説明を果たしてもらいたい。

都としては、東京オリンピック・パラリンピック大会に向け、新国立競技場の着実な整備を求めるとともに、この地域にふさわしい公園のあり方やまちづくりなどを引き続き検討していく」

最終更新:2014/5/29(木) 18:04
THE PAGE