ここから本文です

<私の恩人>「中川家」剛、病気のこともイジる…さんまの“愛のムチ”!

2014/6/1(日) 9:00配信

THE PAGE

若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ」初代王者で、大看板への道をひた走る兄弟漫才コンビ「中川家」。ネタ作りも担当しコンビの頭脳と言えるのが、お兄さんの剛さん(43)です。メディアに、舞台に、多忙な日々を送りつつも、毎年恒例の単独イベント「中川家の特大寄席」(東京・ルミネtheよしもと8月24日、大阪・なんばグランド花月8月31日)も開催。一時はコンビ存続が危ぶまれるほど心と体のバランスを崩した剛さんですが、そんな剛さんを圧倒的なパワーでどん底から引き揚げてくれたのは、明石家さんまさんでした。


僕が精神的に一番弱っている時、ま、パニック障害という病気になった時、いろいろな方に声をかけていただきました。
「大丈夫か?」とか「無理せんでエエで…」とか、たくさん励ましの言葉をいただいたんですけど、さんまさんだけは全く違いました。当時は「この人、オカシイんちゃうか?」とも思ったんですけど(笑)、今になったら、どんどんどんどんありがたみが増してきます。

デビューから5年ほど経った頃、今から16~17年前くらいですかね、ボツボツ仕事をもらえるようになってきた頃、自分自身、様子がおかしくなってきました。
仕事場に行くのがしんどくてたまらない。怖い。(密閉空間が恐怖に思え)電車にも乗れない。そんな状況が続いたので、せっかくいただいたレギュラーもなくなっていった。

正直、仕事ができる状態ではなかったので、礼二に伝えて休みをもらいました。周りの方々の励ましもあって、どうにかこうにか、復帰の流れとなったのが今から13年前。
復帰して大阪では少しずつ仕事を始めてたんですけど、初めての東京での仕事がさんまさん司会の「明石家マンション物語」(フジテレビ系、1999年~2001年)やったんです。

僕らが呼ばれたのは、番組内で芸を披露して、おもしろければ新レギュラーになれるという公開オーディション企画。実は、その番組がさんまさんとしっかりお仕事をさせてもらう初めての機会やったんです。復帰後初の全国ネット、公開オーディション、そして、病み上がり…。どれだけ緊張したらエエねんというね(笑)。新幹線でも、ずっと震えてました。考えることといえば「何かトラブルでもあって、番組がなくなったらエエのに…」ということばっかりでした。

スタジオに着いて、収録前に出演者やスタッフさん、関係者がみんな集まっているスタジオ横のスペースがあるんですけど、そこに顔を出しました。そこで、さんまさんが僕の顔を見るなり、開口一番言ったんです。「おお、パニックマン!!」と。

1/3ページ

最終更新:2016/1/30(土) 2:57
THE PAGE