ここから本文です

イチローに再びトレード危機?

2014/6/4(水) 10:16配信

THE PAGE

ヤンキースのカルロス・ベルトラン内野手の復帰が近い。5月13日、右ひじの遊離軟骨による痛みにより故障者リストに入ったが、6月1日、打撃練習を行っても問題がなかったことから、その日の午後には、リハビリのためタンパに移動。今後、延長キャンプの試合に数試合出場して問題がなければ、6月6日から始まる遠征からチームに合流する見込みとなっている。

それによって変化があるとしたら、イチローの起用か。2日現在、ベルトランは19試合を欠場している。その間イチローも、腰痛で出場を見合わせるなどしたが、5月18日以降の14試合では、10試合でスタメン出場した。ベルトランが故障する前はと言えば、30試合に出場してイチローがスターティングラインナップに名を連ねたのは13回だけだったのだから、これだけでもベルトランの復帰が意味するものが想像できる。

ただ今回、ベルトランはしばらく指名打者に専念すると見られる。まだ、送球が出来ないため、長期にわたってDHで出場する可能性さえ指摘されている。となると、イチローはどうなるのか?これまで、チームで最も多く指名打者で出場しているのは、アルフォンゾ・ソリアーノの24試合だが、ベルトランが指名打者に入るからといって、居場所を失うのは、必ずしも彼とは限らない。故障前、ベルトランは、指名打者として9試合に出場した。そのときの外野のスタメンはといえば、こんな感じだった。

4月3日  相手先発(左) イチロー、ソリアーノ、ブレッド・ガードナー
4月4日  相手先発(右) イチロー、ジャコビー・エルスベリー、ガードナー
4月12日 相手先発(右) ソリアーノ、ガードナー、エルスベリー
4月16日 相手先発(左) イチロー、ガードナー、ソリアーノ
4月19日 相手先発(右) ガードナー、エルスベリー、ソリアーノ
4月22日 相手先発(左) イチロー、エルスベリー、ソリアーノ
4月23日 相手先発(右) ガードナー、エルスベリー、ソリアーノ
4月26日 相手先発(左) ガードナー、エルスベリー、ソリアーノ
5月12日 相手先発(右) ガードナー、エルスベリー、ソリアーノ

スタメンの回数で見ると:
ガードナー、ソリアーノ 8試合 
エルスベリー      7試合 
イチロー        4試合 

となり、相手の先発投手が右か左かで見ると、こうなる。

対右投手(5試合)
イチロー   1試合
ガードナー  5試合
エルスベリー 5試合
ソリアーノ  4試合

対左投手(4試合)
イチロー   3試合
ガードナー  3試合
エルスベリー 2試合
ソリアーノ  4試合

1/2ページ

最終更新:2014/11/14(金) 3:42
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/25(土) 12:55