ここから本文です

女性の働き方を変える? 配偶者控除の見直しで変わるもの

2014/6/5(木) 13:00配信

THE PAGE

 安倍晋三首相が配偶者控除の見直し検討を示唆したのが今年3月。以降、配偶者控除に関する議論が続いています。賛成派、反対派はそれぞれどのような主張をしているのでしょうか。

「配偶者控除」とは

 配偶者控除とは、収入の少ない配偶者がいる納税者に対して、所得金額のうちの一定額について所得税と住民税の課税を行わないことです。これまで主に想定されていた対象者は、パートタイムで働く妻を持つ正規雇用の夫。たとえば、妻の年収が103万円以下であれば、夫の所得から所得税38万円、住民税33万円が控除されます。このため、これまでパートタイムなどで働く女性が、配偶者控除を受けるために年収を103万円以下に働き方を「調整」するといった実態がありました。

 もともと、戦後の日本に多かった正社員の夫と専業主婦の妻という家庭に対して、税金の負担を軽くするための措置でしたが、現代の状況と合わなくなってきたのではないか、というのが見直し検討の理由です。まず、「配偶者控除見直し」賛成派の理由から見てみましょう。

■見直しに前向きな意見

 賛成派の意見は主に、配偶者控除は女性の働き方を制限するものであり、見直しは女性がより積極的に働くことにつながるというものです。

 病児保育などを行うNPO法人「フローレンス」代表の駒崎弘樹氏は、自身の記事(「女性は働くと罰ゲーム」税制の改正に、諸手を挙げて賛成する )や、インタビュー記事の中で賛成であることを明らかにしています。産経新聞のインタビューに答えた記事 の中では、「女性が働くことを阻害する要因は一刻も早く撤廃し、男女ともに働き、子育てができる社会をつくっていかねばならない」と語っています。

 また、西日本新聞のインタビュー に答えた、九州大大学院准教授の山下亜紀子氏は、配偶者控除という制度自体が、女性は家にいるものという家族のあり方を方向付けてきたと指摘。配偶者控除を見直しすれば、「(制度だけなくして)育児や介護を社会全体で支える仕組みをつくらなければ、困る家庭がたくさん出てくる」としながらも、「それでも早く廃止した方がいいと思うのは、制度がわれわれの価値観に大きく影響するから」と話しています。

1/2ページ

最終更新:2016/2/13(土) 4:45
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ