ここから本文です

阪神株主が和田采配とフロントを痛烈批判!

2014/6/13(金) 15:01配信

THE PAGE

阪急阪神ホールディングスの定時株主総会が13日、大阪北区の梅田芸術劇場で開かれ、2人の株主から交流戦不調の阪神タイガースに対する辛らつな質問と意見が飛び出す事態が起きた。阪神タイガースは、前期に比べて26.1%増加となる約142億円の営業利益を出したエンターテイメント・コミュニケーション事業の中で、中核となる優良企業。映像を使った業務報告では、昨年の交流戦、西武戦でのマートンのサヨナラホームランの映像、ルーキー、藤浪晋太郎のピッチングの様子などが流され、グッズの販売や飲食などが好評だったことが報告された。阪急阪神ホールディングスの株主総会での質疑応答は、主に電鉄事業に関するものだが、例年、注目度の高いタイガースに関する質問や意見が、ひとつは飛び出す。だが、今回は、議事進行の早い段階でタイガースに関する辛らつな質問、意見が2人から出された。

一人目は、Gパン姿の30代と、おぼしき男性。「外国から帰ってきて、全然、活躍せえへん人がいますな。株主総会に合わせたかのように2軍に落としましたが、問題は、その和田監督です。選手を信頼していると福留を出し続けてきましたが、それなら、ずっと出し続ければいい。本当に選手を信頼しているのか、采配にわけがわかりませんのや。普通にやっていたら勝てるもんを、わけのわからんことをやって負けてくれる。どうか『難しいことせんでよろしいから普通にやるように』と監督に言っておいてください。まあ(和田監督の)続投はないとは思います。普通に、このままいったらクビやと思いますが、やるなら本気でやれと言っておいてください」。

会場は笑いと拍手に包まれた。株主が指摘したのは、打率が1割台でありながら、周囲の批判にも耳を傾けずに、ずっと起用を続けてきた福留孝介を突然、この10日になって2軍に落とした件。和田監督の説明にも説得力はなく、かつて株主総会では働かぬ高額年俸選手が「不良債権」と叩かれた過去があっただけに、株主総会前に落としたのではないかという疑念も生まれていた。株主は、そのあたりの事情を知った上で、あえて、その福留のケースを引き合いに出して、和田監督に対する厳しい采配批判を行った。

1/4ページ

最終更新:2016/2/22(月) 3:43
THE PAGE