ここから本文です

大ケガから復帰する阪神・西岡 どう起用されるべきか

2014/6/26(木) 19:15配信

THE PAGE

阪神の西岡剛の1軍復帰が目前(27日の中日戦)に迫っている。3月の巨人戦で大竹寛の打球を追って二塁を守っていた西岡は、右翼の福留孝介と激突。ドーム内に救急車が運びこまれるような緊急事態で、全身数箇所を骨折して長期離脱を余儀なくなれた。開幕時点では、「3番・二塁」で打線を活性化させていた。だが、西岡がいなくなってから二塁には上本博紀を入れ、打順も、1番の鳥谷敬を3番に、その上本を1番にシャッフルしたが、その苦肉の策が大成功。上本は結果が残し、鳥谷は交流戦で一時、打率トップに立ったほどで西岡の定位置だった「二塁・3番」に帰る場所はなくなった。西岡の一軍復帰が秒読みになった段階だが、ではどこで、何番で使うのかという起用法が、首脳陣にとって悩みの種となっている。

ファームのゲームでは、「1番・三塁」で出場。和田監督は、「三塁で十分にやれる」と見ているが、その打順や起用法については様々な意見が飛び交っている。阪神DCで評論家の掛布雅之氏は、「西岡をベンチスタートさせる決断があってもいい」という意見だ。

「二塁では上本が1番という打順で結果を出している。三塁には、今成、新井良がいて、その今成には、2割9分を超える打率がある。そういう現状を考えると西岡をポンと三塁のポジションに入れてしまうことで生まれるハレーションが気になる。西岡の調整を2軍で見てきたが、全力疾走はできているし、守備とバッティングにブランクの心配はないが、ゲームのスタミナとなれば別だ。また復帰即、ポジションを与えて、もし結果が出なければ、それは西岡にとっても嫌なプレッシャーとなってしまう。西岡を打線に組み込むとすれば、2番か6番だろうが、2番となると大和が下位打線に回ることになって7、8、9番が弱くなる。9イニングのうち9つのアウト、つまり3イニングを相手バッテリーに献上することにもなりかねない。打線が、プレッシャーをかけることができなくなれば、相手の先発投手のイニング数も伸びるだろうし、負のスパイラルが始まる危険性がある。また6番で使う場合は、“右翼・7番”に誰を入れるのかという問題が生まれる。同じような機動力タイプの打者を並べても怖さがない。そう考えていくと、消去法的ではあるが、西岡は、まずはベンチから競争させながらスタートさせるのがベストではないだろうか」。

1/2ページ

最終更新:2015/6/17(水) 4:46
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報