ここから本文です

<私の恩人>ウーマンラッシュアワー・村本 人に感謝しない僕が“キム兄”に感謝する理由

2014/6/28(土) 11:00配信

THE PAGE

昨年12月に行われた漫才コンテスト「THE MANZAI 2013」で優勝し、一躍スターダムにのし上がった漫才コンビ『ウーマンラッシュアワー』の村本大輔さん(33)。自他ともに認める、リアルにゲスいキャラクターでバラエティー番組でも引っ張りだことなっています。DVD『人志松本のすべらない話 10周年突入!MVS全員集合 完全版』(発売中)でも、名だたるしゃべりの達人たちがいる中、特典映像に村本さんが使われるほど注目の存在となっていますが、現在のブレークへとつながる一歩を踏み出させてくれたのは木村祐一さんだといいます。


皆さん、よく「今の自分があるのは、○○さんのおかげ」「あそこで優勝できたのは、○○さんの後押しがあったから」みたいなことを言いますけど、僕にはね、本当にそれがないんです。基本的に、全部自分の努力のおかげだと思ってますし、あまり人に感謝をしないタイプなんです。というのもね、もともとの性格もさることながら、きちんとした理由があるんです。

高校時代、僕が「吉本に行く」と言った時に周りが反対する中、担任の先生だけは「お前はお笑いに向いていると思う。頑張れ!!」と言ってくれたんです。しかも、地元・福井県の小浜市に吉本新喜劇が来るとなったら、その先生が「しっかりと見て来い!」と自腹でチケットを買って、僕にプレゼントしてくれたんです。もちろんうれしいですし、心に残るじゃないですか。だから、3年ほど前、初めて『ウーマンラッシュアワー』でDVDを出した時、その先生のところにいきなりサプライズで行って「先生、DVDを出せるまでに頑張りました!!」という、いわばドッキリ企画を仕掛けようとなったんです。

僕がそのまま行くとアレなので、僕はタキシードを着て車の中に隠れておく。そして、相方の中川パラダイスが先生のところに行って「実は、今回来ましたのは…」と趣旨説明をするという流れだったんですけど、話を切り出すやいなや、その先生がパラダイスの肩をグッと抱いて「元気だったか、村本!!」と。

…あのね、10年以上経ったとはいえ、人間とは、こんなに恐ろしいものかと。信じられないものかと。ま、それ以来、人に感謝しないクセがついたんですけど、そんな僕にも、さすがに感謝するしかない人がいてるんです。それが木村祐一さん。何というか、実に不思議なご縁があったんですよね。

1/4ページ

最終更新:2016/1/31(日) 3:25
THE PAGE