ここから本文です

福田正博氏 攻か守かではなく「1つの戦い方ではW杯で上には行けない」

2014/7/8(火) 13:00配信

THE PAGE

決勝トーナメントの戦いが繰り広げられているサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会。残念ながら日本はその舞台にはいない。攻撃的なサッカーを掲げながら、W杯という大舞台で「自分たちのサッカー」を十分には発揮できないまま、グループリーグで敗退してしまった。日本はこれからどんなサッカーを目指して、どう戦うべきなのか。元日本代表のサッカー解説者、福田正博氏に聞いた。

【動画まとめ】サッカー解説者らによる「W杯徹底解説」

福田氏は、ザッケローニ監督の下、取り組んで来た攻撃的なサッカーの方向性は支持する。「やっているサッカーの方向性は決して間違ってはいない。日本人のフィジカルは強くない。海外の選手と比べたら体も小さいし、フィジカルコンタクトがあまりないように、守備にしても攻撃にしても、数的有利をつくりながらやっていく方向性は間違っていない」。

ただ、それだけでは世界の舞台では勝てないと指摘する。特にクロスの精度、フォニッシュの精度をもっと高めていかなくてはいけないという。「コートジボワール戦でいうと、フリーでクロスを上げられたらピンポイントで合わされてしまうというのが世界のレベル。
そのレベルを目指すのであれば、日本の選手たちもクォリティを上げていかなくては世界では通用しない」。

一方で、今後の日本代表のスタイルについては、決勝トーナメント進出を果たした南ア大会の代表のように「守備的」に戦うべきだとの声もある。それに対し、福田氏は攻撃的とか守備的という風に分けて考えるのではなく、いろいろな戦い方をできるようにならなければならないという。

「(南ア大会で)岡田さんが選択したのは、あのメンバーでオランダのような強豪国と対戦するときに、どうやったら勝ち点が拾えるかという選択をしてその戦術を選んだ。僕が思うに、相手や状況に応じていろいろな戦い方ができるようにしていくことが重要。ボールキープができて速攻ができて、前線からの守備もできて、後ろに引いて守る守備もできて、いろいろな戦い方ができて初めて世界の舞台で戦える」。

福田氏は「1つの戦い方しかできないチームはW杯では上位にいけない」と指摘し、日本もいろいろな戦い方の引き出しを積み上げていくべきだと語る。「90分間守り倒すだけのフィジカルを日本人は持っていない。つなぐことができた上で、カウンターもできるようになる。今はボールをしっかりつなぐことを継続していくべき。日本人の体格や考え方やメンタリティにあった戦い方をしていくことが一番無理がないし、ストロングポイントだと思う」。

また、そもそもサッカーにおいて攻撃と守備は分けられないという。「どうしてもこういうときは守備的とか攻撃的とかいう話になるが、攻守はバランス。攻撃と守備はサッカーの場合、実は分けられない。いい攻撃をするためにはいい守備をしなくてはいけない。いい守備をするためにはいい攻撃で終わらなければならない」。

そしてサッカーにおいて重要なのは、この攻守の切り替えの部分だと指摘する。「日本は野球みたいな文化があって攻撃と守備を分けて話したがるが、サッカーは攻守がめまぐるしく変わって、一番重要なのはこの『切り替え』の部分。ここが勝敗を分ける。攻撃と守備で分けて話をするのは得策ではない」。

最終更新:2014/12/18(木) 4:36
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報