ここから本文です

リニア中央新幹線、全線同時開業に向けて推進協設立へ/大阪

2014/7/11(金) 10:00配信

THE PAGE

 リニア中央新幹線の全線同時開業に向けて大阪府と大阪市、地元経済団体は7月18日、「リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会(仮称)」を設立する。

 リニア中央新幹線は、2027年に東京-名古屋間が開業、その18年後の2045年に東京-大阪間が開業する予定。府などは「このスケジュールでは、効果を十分に発揮することができない」とし、「大阪、関西はもとより、我が国の経済成長に大きなマイナスとなる」と危機感を抱いている。

 推進協では、国への働きかけをはじめ、新大阪駅周辺の工期短縮や建設発生土の活用方法、開業の遅れによる影響調査などを展開していくとしている。

 推進協には、大阪府、大阪市のほか、関西経済連合会、大阪商工会議所、大阪府商工会議所連合会などが参加する予定。7月18日に大阪市内で松井一郎大阪府知事、橋下徹大阪市長らが出席し、設立会合を開く。

最終更新:2014/7/11(金) 10:00
THE PAGE