ここから本文です

乃木坂46 西野七瀬、秋元真夏、若月佑美 独占インタビュー

2014/7/12(土) 10:30配信

THE PAGE

AKB48の公式ライバルグループ・乃木坂46の9thシングル『夏のFree&Easy』が7月9日リリースされる。前作シングル『気づいたら片想い』では、オリコン週間ランキングで、2ndシングル「おいでシャンプー」以来、7作連続で首位を記録するなど、快進撃を続ける乃木坂。その『気づいたら片想い』で初のセンターに抜てきされ、9thでも連続でセンターを務める西野七瀬、「十福神」とよばれる主力メンバー秋元真夏、若月佑美に単独インタビューを敢行。新曲の見どころをはじめ、AKB選抜入りを決めた生駒里奈や、SKEから兼任で本作から参加する松井玲奈への思いなど、動画インタビューで語ってくれた。

■切ない恋のバラードで魅了した西野七瀬

今の乃木坂の「顔」はセンター西野だ。「ななせまる」「なーちゃん」の愛称で親しまれている西野七瀬は今年5月に二十歳を迎えた。これまでは積極的に前に出るタイプではなく、どちらかというと控えめであり、おとなしく落ち着いた印象があった。そんな西野の転機となったのが前作『気づいたら片想い』でのセンター起用だった。「センターになった最初のころは不安でいっぱいだったんですよ」。こんな弱気な発言とは裏腹に、レコーディングもダンスも自分で納得いくまでやり続ける努力家。内に秘めた芯の強さは乃木坂のメンバーの誰もが認める。前作では切ない恋の曲を情感を込めてしっとりと歌い上げたが、今回はポップでダンサブルな曲に挑む。

ーー恋のバラードと、ポップな楽曲、どちらが感情移入しやすい?

私のイメージに合っているのは8thの静かな感じの曲……、たぶん自分のイメージだとそっちなのかなぁ。でも明るい『ガールズルール』もすごい好きなので、明るい一面を見せられたらいいなと思います。

ーー声質、バラードの方が向いてると思う?

だと思います。あんまり可愛い声してないんですよ(笑)低くて。だからレコーディングのときも頑張りました。終わってからもう1回録音し直したり。このままだとモヤモヤしたまま完成するなって。モヤモヤはとりたかったんで、やり直せてよかったです。

■センターに立つ意味

ーーセンターで歌うと、どんな点が違う?

7th『バレッタ』で初めて1列目になって、8hでセンター。前に人がいないんですよね。だから初めはフリを間違えることもあって。今までは前のメンバーを見て助けられていました(笑)今は完全に自分だけで挑まなきゃいけないので、それが当初はすごい大変でした。曲紹介も「これはどんな曲ですか?」って聞かれることが多くて、今までは説明したことなかったですから。今まで生駒ちゃんがずっと紹介をしてきたけど、いざ自分がやるとなると「大変なんだな」と分かりました。

ーーセンターに立つというのはどういうこと?

乃木坂をあまり知らない人から見たら、「この子が真ん中なんだ」という位置なんで、良いことも悪いことも真ん中にいる対象=自分に向かって意見が飛んでくるのかな。私「アンチには強い」って言ったことあるんですけど。実際アンチの方には出会ったことないんです。ツイッターとかで自分のことはいっさい検索しない。ブログのコメントしか読まないんですよ。ブログは優しいコメントが多いじゃないですか。アンチの方も実際はたくさんいると思うんですけどね(笑)



ーー9thシングルではどこに注目してほしい?

乃木坂には珍しいアップテンポな曲で、歌詞も「夏だからやっちゃおう」っていう積極的な感じなので、今までの乃木坂とは違うかなという印象ですよ。8枚目で初めてセンターに選ばれたときは不安しかなくて、ずっとぐずぐずしていたんです。それで最初のころは不安な感じを出してしまったんですけど、今回は2回目だからちゃんと「おっ!西野成長した」って思ってもらえるように切り替えました。

ーー今回はどんな面を見せたい?

明るい曲で私が真ん中にいることって今までなかったので、見ている側も自然に盛り上がれるかな。今まで私って泣いたり、ネガティブだったり、そんなイメージがあったと思うんです。「あっ西野ってこんなに笑えるんだ、こんな明るい顔出せるんだな」って思ってもらえたらいいと思っています。

1/3ページ

最終更新:2016/1/28(木) 3:18
THE PAGE