ここから本文です

ディズニーの新作アニメ『ベイマックス』が日本のマンガに登場

2014/7/15(火) 5:00配信

THE PAGE

この冬、公開予定のディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』が日本でマンガ化、連載されることが配給元から発表された。日本だけで先行してストーリーが解禁されることになる。 『ベイマックス』はサンフランシスコと東京が融合したかのような架空都市、“サンフランソウキョウ”を舞台に、14歳の天才少年ヒロと、人々の心と体の健康を守るために開発しされたケア・ロボット『ベイマックス』の絆を描いた作品。

【動画】『ベイマックス』特別映像を公開

日本文化が色濃く盛り込まれた世界観を表現している本作品は、ドン・ホール監督から「日本にインスパイアされた『ベイマックス』を、マンガを通して世界に伝えたかった」と、日本での“マンガ化”が念願であり、それをを実現させたことになる。

これまで『塔の上のラプンツェル』や『ウォーリー』、実写では『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなど、単発でのマンガ化はあったものの、映画本編の前日譚(ぜんじつたん)を描く“エピソード0”や、世界に先駆けて、ストーリーが解禁されるマンガ連載は、ディズニー史上初の試みだ。

連載は、上野春生氏の作画によるマンガ版『ベイマックス』は、『エピソード0』が『週刊少年マガジン36・37合併号』(8月6日発売)、連載は『マガジンSPECIAL9号』(8月20日~)からスタートする。

▼公開情報
『ベイマックス』
2014年12月20日(土)、全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

最終更新:2015/2/20(金) 4:51
THE PAGE