ここから本文です

なぜ韓国・朴大統領の支持率が低迷するのか 浮揚のチャンスは? /辺真一「コリア・レポート」編集長

2014/7/17(木) 13:00配信

THE PAGE

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が中国の習近平主席の訪韓効果で若干上昇したものの、それでも依然として50%を割り、45%台だ。韓国ギャラップの調査では7月初旬の時点では過去最低の40%に落ち込んでいた。政権発足(2013年2月)時は71%もあったのに、僅か1年5か月で31%も急落してしまった。

【図表】朴槿恵大統領が反日的な4つの理由

 一時は、朴大統領が沈没船「セウォル号」の遺族及び国民に涙ながらに謝罪したことや、6月初旬の全国地方自治体選挙で大方の予想に反し、善戦し、惨敗を免れたことで求心力を回復し、政権浮揚のきっかけを掴むのではと囁かれたが、「大統領の涙」への同情は一過性で終わってしまった。

幾つもある朴大統領の“失点”

 支持率低迷の原因は幾つもある。一つは、「セウォル号」事故の真相究明が一向に進まないことだ。何よりも、朴大統領が前代未聞にも司法にまで介入し、「セウォル号」の実質オーナーである兪炳彦容疑者を「即刻逮捕せよ」と号令を掛けたにもかかわらず今もって逮捕できないことにある。

 全国に指名手配(5月27日)し、懸賞金が5千万円にまで跳ね上がった73歳の老人を延べ130万人もの警察官を動員し、かつ海外逃亡を阻止するため海軍まで動員しているにもかかわらず逮捕できない無能ぶりへの批判が日増しに高まっていることだ。

 また、6月下旬に韓国最前線部隊で発生した兵士の乱射事件も最高司令官としての朴槿恵大統領の失点となっている。過去にも同様の事件が頻繁に起き、その度に再発防止が叫ばれていたにもかかわらず、今回も5人死亡、7人負傷という不祥事を引き起こしてしまったことだ。特に大量の軍人を動員したにもかかわらず、身柄の拘束に事件発生から48時間もかかってしまったことへの不手際に批判が集中している。

 それと、自ら指名した首相候補者や閣僚が野党や国民の反発にあい、「不適格」の烙印を押され、相次いで辞退ことによる任命責任も問題にされている。

1/2ページ

最終更新:2016/2/12(金) 3:45
THE PAGE