ここから本文です

AKB48「じゃんけん大会」 敗退の指原「ブチ切れますから!」

2014/8/9(土) 8:28配信

THE PAGE

「AKB48グループ夏祭り」が8日、千葉・幕張メッセで行われ、「第5回じゃんけん大会」(9月17日、東京・日本武道館)の本選出場をかけた予備戦が行われた。優勝者はシングル曲のセンターを務めることが恒例となっている「じゃんけん大会」だが、今年はセンターではなく、ソロデビュー(※すでにソロデビューしているメンバーはソロコンサートの開催)の権利が与えられることが発表されたばかり。

今年は、愛知・名古屋を拠点とする姉妹グループ「SKE48」からは「AKB48」との兼任メンバーのほか、荒井優希、石田安奈、高木由麻奈、神門沙樹、内山命、高塚夏生、江籠裕奈、加藤智子の「チームK2」の8人が予選を突破。今年の「第6回AKB48選抜総選挙」で選抜入りした松井玲奈、須田亜香里、宮澤佐江は揃って敗退となった。

また、大阪・難波を拠点とする姉妹グループ「NMB48」からは「AKB48」との兼任メンバーのほか、渡辺美優紀、薮下柊、沖田彩華、木下春奈、東由樹、石塚朱莉、河野早紀の7人が武道館へのキップを手にした。
渡辺はスケジュールの都合で会場には来られず、電話での参戦となったが、3回戦で梅田彩佳に勝利し、「スゴい! スゴい! 武道館も電話で参加したいです」と興奮しきりだった。

福岡・博多を拠点とする姉妹グループ「HKT48」からは「AKB48」との兼任メンバーのほか、植木南央、梅本泉、熊沢世莉奈、松岡菜摘、岡田栞奈の5人が本戦進出を決めた。指原は「負けちゃいました! 負け続きだから悔しい!!」と絶叫し、「絶対に勝てよ! 優勝しなかったらブチ切れますから!!」と植木にはっぱをかけていた。

4月に全国47都道府県の代表で結成された「AKB48」の「チーム8」からは、京都府代表の太田奈和、香川県代表の行天優莉奈、栃木県代表の本田仁美の3人が勝利。AKB48研究生からは飯野雅が本戦出場を決めた。

最終更新:2016/1/25(月) 4:54
THE PAGE