ここから本文です

米国発の防災訓練「シェイクアウト」って何?

2014/8/11(月) 15:07配信

THE PAGE

■事前、事後の学習や確認も重要

南海トラフ巨大地震に備える名古屋市では、地域関係者やNPOが中心となって「名古屋Shake Out実行委員会」を設立。8月4日に事前説明会を開き、約100人が防災講演会と訓練の説明を受けました。当日の9月11日は昨年の1万2000人を超える参加者を想定、名古屋テレビ塔での炊き出し訓練などと連動させて企業も巻き込み、10月に成果報告会を開くという流れです。

実行委員であるNPO法人レスキューストックヤードの栗田暢之代表理事は「参加者が大勢となることで防災の啓発効果を向上させられる。ただ、人数を競うだけでなく、企業だったら安全に社員を避難させるために何分ぐらいかかるのか、家庭でも耐震補強や家具止めをきちんとしているかなど、あらためて対策を確認する機会にしてほしい」と話しています。

「3分でできる防災訓練」とも表現されるシェイクアウト。訓練に対するハードルを下げたうえで、一過性で終わらない根本的な防災・減災対策につなげられるかが問われていきそうです。

(関口威人/Newzdrive)

※参考
日本シェイクアウト提唱会議 http://www.shakeout.jp/
名古屋シェイクアウト参加登録サイト http://hisaya-oodori.jp/bousai/

2/2ページ

最終更新:2016/2/20(土) 3:24
THE PAGE