ここから本文です

靖国神社、その原点と三つのWHY ─「靖国」を“つくった”木戸孝允

2014/8/15(金) 8:00配信

THE PAGE

靖国神社参拝がなぜ問題になるのか

 首相の公式参拝が、常に海外で大きな問題になる靖国神社。
「第二次世界大戦の戦死者のみならず、B、C級戦犯はおろか、東条英機をはじめとするA級戦犯(戦争犯罪人)まで祀っている神社に、日本の首相が公式的に参拝をするということは、日本の戦争責任を認めていない証拠だ。遺憾きわまりない」と中国、韓国、米国政府が批判します。

 これに対して、日本では、
「その通りだ。そもそも首相の靖国参拝は、憲法の政教分離の原則に照らすと違憲ではないか。いったい、なぜわざわざ中国、韓国、米国を刺激し、軋轢を起こそうとするのか。慎むべきだ」という声も上がります。しかし一方では、
「お国のために亡くなった英霊を祀る靖国神社に首相がお参りするのは当然至極のことではないか。どこの国だって、国に殉じた戦死者を行政を司る者が慰霊している。それを問題にするというのは、歴史問題を蒸し返して日本を揺さぶっているのだから、毅然とした態度を示すべきだ」
「靖国神社に祀られている英霊は軍人ばかりではないよ。民間人や、台湾や朝鮮半島出身の人も祀られているではないか」
「戦犯も祀られているといっても、国際法上、違法であることは明らかな東京裁判で、復讐として断罪された人たちじゃないか。戦勝国による一方的な戦争史観に、なぜまだ従うのか」
という声も上がります。

 また、『永遠の0』(百田尚樹)の本を読んだり、あるいは映画を観た人は、「九段(靖国神社のこと)で会おう」と言葉を交わして、大空に向かって出航した特攻隊員の心情を思って、他国からいかに言われようとも、首相をはじめ、誰もが、靖国神社に参拝すべきだ、と実感しているかもしれません。

 さて、特に終戦記念日の頃になると、そのように参拝問題が話題に上る靖国神社ですが、英霊を祀っているだけではありません。そもそも靖国神社とは、どんな歴史のある神社なのでしょうか。

・東京の桜の開花宣言をする際の、開花日の「基準木」として、毎年恒例のニュースになっています。いったいどうして靖国神社で、桜の開花日が決まるのでしょうか。
・また毎年、桜の咲く頃に奉納大相撲が境内の相撲場で開かれ、多数の人が集まり、報道されます。相撲と靖国神社には、どんな関係があるのでしょうか。
・そもそも、靖国神社の大鳥居をくぐると、参道の中央に大村益次郎(司馬遼太郎原作、NHKの大河ドラマ『花神』の主人公として知られていますね)の銅像が聳え立っています。なぜ、ここに大村益次郎の勇姿が見られるのでしょうか。

 多くの人が抱く、この素朴な三つのWHYを探りながら、靖国神社の原点を探って行きたいと思います。

1/3ページ

最終更新:2016/2/10(水) 4:20
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ