ここから本文です

蘆花恒春園で「蘆花忌 徳冨蘆花をしのぶ集い」を9月20日に開催 /東京

2014/8/19(火) 10:22配信

THE PAGE

東京都世田谷区の蘆花恒春園で9月20日、明治・大正期の文豪・徳冨蘆花(健次郎)をしのぶ「蘆花忌」が開催される。コンサートや講演があり、参加費は無料。

同園では毎年、蘆花の命日の9月18日に近い9月第3土曜日に「蘆花忌」を開催している。蘆花恒春園は、蘆花が、1907年から1927年に亡くなるまでの20年間を、愛子夫人と過ごした住まいと庭、夫妻の墓所などからなる公園。竹林や雑木林、茅葺の母屋や梅花書屋、秋水書院がある。

催しは、9月20日(土)午前11時~午後3時30分に実施。かやぶきコンサート(11時~12時30分)のあと、献花(12時30分~1時30分)が行われる。その後、講演会を開催。早稲田大学名誉教授の榎本 隆司氏が、人間蘆花―「吾が初恋なる『自然』」―をテーマに話す。

最終更新:2014/8/19(火) 10:22
THE PAGE