ここから本文です

「AKB48」が“恋チュン”に続いて「心のプラカード ビデオアワード」を開催!

2014/8/20(水) 9:06配信

THE PAGE

アイドルグループ「AKB48」が19日、東京ドームで「AKB48グループ東京ドームコンサート ~するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?~」の2日目公演を迎えた。昨日の「AKB48」による単独公演に続いて行われたこの日の公演には、姉妹グループのメンバーも加わり総勢300名がステージに登場し、4万2000人の観客を前に全43曲を披露した。

1曲目は、「AKB48」の渡辺麻友のソロシングル「ラッパ練習中」。せり上がったセンターステージの中から“まゆゆ”が姿を現すと会場は一気にヒートアップし、熱い声援に後押しされるように、他のメンバーも次々と登場してステージを埋め尽くした。 コンサートの序盤では、各グループが個性を出しながら競い合うようにシングル曲を披露したが、終盤では一転して全グループのメンバーたちが一緒になって、それぞれの楽曲を順番にパフォーマンスし、一体感あふれるステージとなった。

トークコーナーでは“みかん姉妹”を自称する「HKT48」の秋吉優花と田中奈津美が進行を務めた「超選抜さんにズバリ聞くわよ!」が大盛り上がり。2人は「AKB48」の高橋みなみや小嶋陽菜、横山由依、島崎遥香、「SKE48」の松井珠理奈、松井玲奈、「NMB48」の山本彩の7人の選抜メンバー相手にも物怖じせず、過激な質問を連発。先輩たちにトータライザーを持たせると、「片想いしている人がいる?」や「今もらっている給料には納得している?」など恋愛や給料のことまで質問し、最後に島崎遥香から「(苦手なメンバーは)この2人」と切り捨てられて会場の笑いを誘っていた。

また、アンコール明けには「第6回AKB48選抜総選挙」で17位になった松村香織がセンターを務める「アンダーガールズ」によるユニット楽曲「誰かが投げたボール」、65位にランクインした永尾まりやがセンターを務める「アップカミングガールズ」によるユニット楽曲「チューインガムの味がなくなるまで」が初披露された。

1/2ページ

最終更新:2016/1/19(火) 4:57
THE PAGE