ここから本文です

「AKB48」東京ドーム公演最終日、卒業宣言のメンバーはゼロ

2014/8/21(木) 13:19配信

THE PAGE

「AKB48」が20日、東京ドームで「AKB48グループ東京ドームコンサート ~するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?~」の3日目公演を迎えた。東京ドームコンサート最終日となるこの日は、昨日と同じく国内のAKB48グループのメンバーが揃って出演。総勢300人のメンバー4万2000人の観客を前に全42曲を披露した。

「乃木坂46」 の楽曲「ガールズルール」を“交換留学生”として活動する「SKE48」の松井玲奈と「乃木坂46」の生駒里奈らが歌い上げたほか、「AKB48」が「Beginner」、「SKE48」が「Escape」、「NMB48」が「カモネギックス」、「HKT48」が「毒蜘蛛」と、4曲連続での激しいダンスパフォーマンスで会場を盛り上げた。

トークコーナーで髪を真っ赤に染めて登場した「AKB48」の高橋みなみは、小嶋陽菜から「ダサくない!?」と酷評を受けつつも、以前からラブコールを送る「NMB48」の木下百花に髪を染めることを勧められたそうでご機嫌モード。その木下とのMCで高橋は抱きつくなど愛情表現に励んだが、当の木下は「なんすか?」とつれない態度を見せた。さらに、木下は横山由依から爬虫類カフェに通っていることを振られると、「爬虫類とかアフリカ産のゴキブリとかがいて。今度ゴキブリの子供が生まれたら、くださるんですよ」とゴキブリを飼育する予定であることを仰天告白。他のメンバーがドン引きする中、高橋だけが「かっけー!」と憧れのまなざしを木下に向けていた。

アンコール明けには、昨日と同様に6月に開票された「第6回AKB48選抜総選挙」のユニットが登場。33位の藤江れいながセンターを務める「ネクストガールズ」が「ひと夏の反抗期」を、49位にランクインした岩佐美咲がセンターを務める「フューチャーガールズ」が「性格が悪い女の子」をそれぞれ初披露した。

コンサートのクライマックスでは、今回のコンサートのタイトル「するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?」が、誰かの卒業発表の壮大な前フリになっているのか、ファンだけでなくメンバーたちも気になっている中、高橋が一部で疑惑の声が上がっているメンバーを恐る恐る直撃。小嶋が「私はこんなのじゃ発表しません」、指原が「ひとりでやっていくタレント力はない」、柏木が「まだ1位になっていない」、渡辺麻友が「1位としての責任を果たしたい」とそれぞれ否定。峯岸みなみと島崎遥香は、一瞬神妙な面持ちを見せてドキリとさせる場面もあったが、今後も「AKB48」として活動していくことを明言した。

1/2ページ

最終更新:2016/2/22(月) 4:02
THE PAGE