ここから本文です

イーストウッド監督からの特別メッセージ/『ジャージー・ボーイズ』

2014/9/5(金) 18:00配信

THE PAGE

2度のアカデミー賞(C)監督賞に輝くクリント・イーストウッド監督の最新作、『ジャージー・ボーイズ』(9月27日公開)に先駆け、クリント・イーストウッド監督の長男、カイル・イーストウッドの来日。9月17日(水)~19日(金)の3日間、ブルーノート東京でライブを行うが、父イーストウッドからカイルへ、そして『ジャージー・ボーイズ』の公開を待つ日本のファンへの特別メッセージが、公開された。

『ジャージー・ボーイズ』予告編


イーストウッドは、「ザ・フォー・シーズンズのメンバーは、犯罪に手を染めるような貧しい地区の出身だったのだが、音楽に出会って努力するようになった。彼らの歌は世界中で大ヒット、そして彼らの名曲に秘められたストーリー、日本のみんなにも映画『ジャージー・ボーイズ』を通じて、楽しんでもらえると思う」と、日本のファンに向けてメッセージを送った。また、息子のカイルには「音楽はどの映画にとっても重要な要素で、カイルは長年にわたって私の映画音楽に何度となく関わってくれた。また彼は才能豊かな作曲家で素晴らしいパフォーマーでもあるんだよ」と、その才能を手放しで賞賛していた。

カイル・イーストウッドは、抜群の音楽センスと、父親ゆずりの精悍なルックスを併せ持ち、傑出したベース・テクニックと曲作りの才能で幅広いファンから支持を得ている人気ジャズ・ベーシスト。ソロ活動の一方で、父親の監督作品に楽曲提供もを続け、『ミスティック・リバー』(03年)、『ミリオンダラー・ベイビー』(04年)などの楽曲を父とともに担当している。2008年には『グラン・トリノ』の音楽がゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞にノミネートされほどだ。本作『ジャージー・ボーイズ』でも音楽に携わっている。

最終更新:2014/12/20(土) 3:56
THE PAGE