ここから本文です

2試合に見えたアギーレジャパンの特徴は“変幻”

2014/9/10(水) 11:19配信

THE PAGE

大げさなことを言えば、まるで異なるチームのようだった。ウルグアイ戦とベネズエラ戦の日本代表のことだ。札幌で行なわれた9月5日のウルグアイ戦では、ディフェンスラインから前線にロングボールを送り込み、こぼれ球を拾って二次攻撃に繋げようとする攻撃の形が多かった。サイドからシンプルにクロスを放り込むことも多く、中盤でパスを繋いで攻撃を組み立てようとする意識は――プレーメーカータイプが一人もいないメンバー構成からも明らかだったように――薄かった。

一方、ベネズエラ戦の特に前半は、やや一本調子ではあったが、横パスや縦パスでボールを走らせ、大迫勇也のポストプレーを生かしながらコンビネーションで崩そうとする狙いが見て取れた。ディフェンスラインから水本裕貴が本田圭佑に、吉田麻也が柿谷曜一朗に鋭いクサビのパスを入れる場面が何度か見られ、アンカーの森重真人も高い位置からスルーパスを日間に狙った。ベネズエラの寄せの速さや運動量に苦しめられたものの、ウルグアイ戦のように、ロングボールやクロスを多用したわけではなかった。

この日、アギーレ監督は宣言どおり、スタメンを5人入れ替えてきた。メンバー構成が変われば、内容も変わる。ただし、敢えて内容を変えてきた――逆に言えば、内容を変えるために、メンバーを変えてきたフシがある。ウルグアイ戦後に指揮官は「皆川が前にいるので、プレッシャーが掛かっている状況では、そこに入れるようにした」と語った。また、左足から何度もロングフィードを送った坂井達弥も「入れられるなら、どんどん入れていけと言われていた」と、ロングボールの優先順位がチームとして高かったことを明かした。

一方、ベネズエラ戦では「後ろでのボール回しのテンポを上げていこうと。そうすれば前の選手に時間が出来るし、相手のイヤなところを突いていける。そういうことを監督はミーティングで言ってましたね」と吉田麻也が明かした。さらに言えば、岡崎慎司と武藤嘉紀を投入した後半は、ロングボールや速攻の度合いが強まった。それは、予想以上に激しかったベネズエラのプレスを回避するため、岡崎と武藤のスピードや裏への飛び出しを生かす狙いがあったからだろう。

1/2ページ

最終更新:2015/8/24(月) 4:31
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合