ここから本文です

ワンダ新CM 柏木は鹿児島弁、横山由依は京都弁を披露

2014/9/12(金) 4:00配信

THE PAGE

アサヒ飲料株式会社(本社:東京、社長 本山和夫)の『ワンダ モーニングショット』では、CMキャラクターを務めるAKB48、渡辺麻友、横山由依、木崎ゆりあ、柏木由紀、そして47 都道府県の出身者が所属するチーム8のメンバーらを起用した新しいテレビCM『おはよう』編を、9月13日(土)より全国で放送する。

【動画】京都弁の横山由依、鹿児島弁を披露している柏木由紀

今回の新CMは、AKB48の渡辺麻友、横山由依、木崎ゆりあ、柏木由紀と、47都道府県から各1名ずつ選ばれたAKB48『チーム8』のメンバーが「日本の皆さん!」と呼びかけるカットからスタートする。各出身地のランドマークを背景に、渡辺麻友は標準語で「おはよう。すごい応援しているよ!」と呼びかけると、京都出身の横山由依は京都の言葉で「おはようさん。ほんま応援しているわ!」、愛知出身の木崎ゆりあ、は愛知の言葉で「おはよう。でら応援しとるでね!」、そして鹿児島出身の柏木由紀は鹿児島の言葉で「おはようごあす。わっぜ応援 しちょっど!」と呼びかけ、サラリーマンを応援する。

『チーム8』が、47都道府県の言葉で呼びかけるバージョンは「北海道・東北」、「関東・甲信越」、「中部・北陸」、「関西」、「中国・四国」、「九州・沖縄」の計 6 つのエリア。今回の各都道府県での方言については、東京女子大学現代教養学部国際社会学科の篠崎晃一教授に監修してもらうなど、高いクオリティで表現されている。

最終更新:2015/10/24(土) 4:58
THE PAGE