ここから本文です

小学生が十五夜に供える月見団子作りに挑戦 /東京

2014/9/15(月) 9:37配信

THE PAGE

東京都北区のふるさと農家体験館(赤羽西5-2-34)で9月14日(日)、小学生が月見団子を作る催しが開催された。参加した13人の児童らは、昔ながらの製法でお団子を作り、秋の風情を楽しんだ。

参加したのは、区内在住の小学1年生から4年生。カマドで蒸したり、臼と杵を使って生地をひいたり、慣れない作業にチャレンジした。

子どもたちは、同館のボランティアスタッフから、月の満ち欠けや十五夜の由来、風習について学習。団子とススキを供える風習は、豊作祈願であることなど、月見の意義についても学んだ。

最終更新:2014/9/15(月) 9:37
THE PAGE